アソビねっブログ

七福神 2017/01/19
・大黒天、、、三法を守り飲食をつかさどる神。戦闘、福徳、縁結の紙でもある。資金繰りの支援。・恵比寿天、、、イザナギ、イザナミの第三子。航海、漁業の紙から商売繁盛の福の神としてまつられる。恵比寿、戎、夷など表記多様。根回し。・毘沙門天、、、須弥山で北方を守る四天王のひとり。多聞天のこと。夜叉、羅刹を従える荒神だが、財宝や富をもたらす神。エネルギーの注入。・寿老人、、、中国でいう壽福をつかさどる南極老人星が人格化した偶像。福禄寿と同神異体。玄鹿を伴うことがある。長寿の支援。・弁財天、、、幸福、知恵、弁財、財福、音楽をつかさどる女神。芸能、演説の支援。・布袋、、、実在の禅僧が神格化した。物を乞うて、吉凶や天気を占う。蓄財の支援。・吉祥天、、、別名功徳天、天蔵天女。福徳円満の女神。鬼子母神の娘。夫は毘沙門天という。弁財天を入れる場合と吉祥天を入れる七福神信仰がある。これらの神々のほかにも、当然各宗教により神々はおられます。各人が進行しておられる神々があれば、リストに加えてください。くれぐれも丁寧に、感謝をお忘れなく。

by 6014D | 2017-01-19 11:59 | コメント(0) | 未分類


天部 2017/01/18
いわゆる七福神が代表的な神々です。下世話なことでもよく聞いてくれますが、かなり人間的なので、感謝を忘れないように。・帝釈天(たいしゃくてん)、、、宇宙の中心とされる須弥山(しゅみせん)山頂の喜見城(きけんじょう)を居城とし、その周辺の天の支配者として君臨する。すぐ下には四天王天がありしたがえる。古代インドの神話によると阿修羅の軍勢を退ける軍神であり、また雨をも恵む豊饒神でもあった。仏教においては、梵天とともに釈迦の脇侍として仕える。・大黒天、、、元インドの大魔神。<暗黒>の名の通り、すべてのものを飲み込んで無にする破壊の神(シバ神の一化身)とされる。密教においては大日如来の憤怒の形相を現した姿とされる。平安時代の神仏習合でオオクニヌシと同一視され、のちに福の神となり、柔和な雰囲気に表現されるようになった。・弁財天、、、梵天(バラモン教でいう創造神)の妃で、河の神様。弁舌の神ヴァーチと結合し、同一視されるようになった。日本の弁財天信仰は奈良時代から。中世より福の神として祀られる。・毘沙門天(びしゃもんてん)、、、インドの古代神話では暗黒階に住む悪霊の長とされていた。それがヒンデュー教では財宝、福徳をつかさどる神となり、日本においては武神として四天王最強の神とあがめられる。・吉祥天、、、仏教界のヴィーナス。インド神話によるとヴィシュヌ(那羅延天)の妃となり、愛欲神カーマの母。・摩利支天(まりしてん)、、、陽炎(かげろう)の神格化。邪霊、悪人、猛獣退散、盗難、水難,火難よけ。・荼吉尼天(唾棄に天)、、、インドでは人の心臓や肝を食べる夜叉神。日本では稲荷神。・歓喜天、、、男女和合、子授けの神様。・閻魔天、、暗黒世界を主宰する。病気全快、延命、禍除け。・自在天、、、、ヒンデュー今日ではブラフマーが世界を創造し、ビシュヌがそれを維持し、シヴァが破壊するとされている。日本では単独の信仰はない。

by 6014D | 2017-01-18 12:46 | コメント(0) | 未分類


明王(みょうおう) 2017/01/18
如来の教えを守る守護神。・不動明王、、、五大明王の主尊。修験道において最も尊敬される修験者の加護。勝負必勝に絶大な霊験があるという。・降三世(ごうさんぜ)明王、、、過去、現在、未来の三世の善根を害する貪欲、怒り、愚痴(愚かさ)の三毒を降ろすという。・軍荼利(ぐんだり)明王、、、すべての外敵から人間を守り、障害を取り除く。・金剛夜叉(こんごうやしゃ)明王、、、過去、現在、未来のアクト欲を速やかに取り除く。・愛染明王、、、元来は人間の煩悩である愛欲を、そのまま悟りに変える力があるという。染物屋守護神としてまつる。福井の越前海岸のくりやにある愛染明王は愛人と別れたいときにここにお参りに行くと別れられるというので有名。・大元帥(だいげんすい)明王、、、大日如来をはじめ、仏と菩薩の集合体であるとされ、単に一個人の祈願成就ではなく国家鎮護などの大誓願に修法される。・クジャク明王、、、修験道の開祖役小角(えんのおずぬ)が体得した超能力の本尊。・鳥枢沙摩(うすさま)明王、、、民間で昔から、不浄除けの神様として手洗い所に祀られる厠(トイレ)の神として楽しい。

by 6014D | 2017-01-18 12:16 | コメント(0) | 未分類


菩薩 2017/01/17
仏陀(ぶっだ)と成ることを目指す優良幹部ともいえる仏。・弥勒菩薩、、、南天竺のバラモンの名家に生まれる。釈迦の教えを受けて、釈迦亡きあと五十六億七千万語にこの世に生まれて、悟りを得て仏となり、理想の世界を作るとされる。・観世音菩薩、、、世の中の悩める人々の声を感じ、慈悲を持って救う。補陀落浄土の住人。。。聖観音、、、天台密教では、<地獄道>担当。。。。千手観音、、、天台密教では<餓鬼道>担当。。。馬頭観音、、、天台密教では<畜生道>担当。。。十一面観音、、、天台密教では<阿修羅道>担当。。。不空羂索観音、、、天台密教では<人道>担当。。。如意輪観音、、、天台密教では<天道>担当。。。准てい観音、、、准ていとは清浄という意味。・勢至(せいじ)菩薩、、、阿弥陀如来のそばに仕え知恵を司る。・虚空蔵菩薩、、、知恵を増し、記憶力をよくするとされる。文殊菩薩、、、釈迦如来のそばに仕え、知恵を司る。菩薩の兄。。。普賢菩薩、、、釈迦如来のそばに仕え、禅定を司る。増益、延命。菊理姫大神が表裏一体になって表れたまわう。。。地蔵菩薩、、、釈迦の入滅後、弥勒が世に出るまで、人々を救う。大地の慈悲の化身で、水子の守りでもある。密教的には五穀豊穣、立身出世、悪人調伏、地中に埋蔵されたものの発見に霊験あり。六道に地蔵が姿を変えて現れる<六地蔵>もある。・転法輪菩薩、、、仏法をもって一切の煩悩を砕いていく。・五大力菩薩、、、国を守護する五つの菩薩の総称。・般若菩薩、、、知恵最高の真理の認識力を示す。

by 6014D | 2017-01-17 13:02 | コメント(0) | 未分類


如来 2017/01/17
一般的に仏の尊称。迷界に来て衆生を救うものの意。・大日如来、、、宇宙の真理を人格化した仏。密教における最高神。豊受大神とともにペアとなって現れる。・阿弥陀如来、、、元インドの王子で、出家し<法蔵>と名乗る。修行の末、人々の苦しみを救おうと西方浄土(極楽)を開く浄土宗派でちゅお法され、頼りにされる仏様。・薬師如来、、、別名瑠璃光(るりこう)如来。須弥山(しゅみせん)のはるか東方にあるという浄瑠璃世界の救主で衆生の病苦を取り払うことに努める。・釈迦如来、、、仏教の創始。お釈迦様と呼べば、悟りが開け、どういうものか、住吉の三神とともにお出ましになることがある。

by 6014D | 2017-01-17 12:47 | コメント(0) | 未分類



アソビねっ管理メニュー

このお店の基本情報を見る
■カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
■以前の記事
■カテゴリ
他のショップブログを見る