SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

シュメールと日本をつなぐ十六菊家紋の謎5by中丸薫

<我々の文明は常に天体の動きを観察し、それによってすべてを決する文明であった。これは我々の文明以前からの人類の叡智の蓄積なのだ。そしてその叡智は、今も一部の人々の間に引き継がれている。天体の運行が生み出す<聖なるリズム>は、この世界にあるリズムを形成し、その焦点が結ばれる地は、生命が最も優位に活気づく地であることを我々は知っていた。かってのシュメールも、その焦点となる地であったのだ>そしてその聖なるリズムとは1611年に経度にして22,5度ずつ文明のパワースポットが移動するというものです。その法則に従って、文明の経歴を図案化したものを見ますと、まさしくその通りのようです。それは否定できない真実のように感じます。そしてそのシュメールの神官が十六菊花紋の謎解きもしてくれたというわけです。そこにはただならぬ時を超えた超文明の真相が絡んでいました。シュメール文明そのものも、それ以前のサイクルの文明から引き継がれたものだったのです。その前文明は135度文明と言っていますが、その中心点はなんと日本でした。東経135度。それは明石天文台のある場所です。日本神話で日本が最初に作られた場所<淡路島>のある場所です。それだけではありません。大きな文明移動のサイクルがすでに訪れていたというのです。そのときは、1995年。そして今度の文明の中心点は135度にまた戻ってきたというのです。1995年は淡路島を貫く阪神、淡路大震災があった年です。どうやらその地震は岩戸開きだったようです。私がこれまで<これからの世界は日本人が中心になって黄金文明ができています。今この時期日本人に生まれてきた方々はいち早く目覚めて新しい文明の担い手として立ち上がってください>と事あるごとにってきたことに、このシュメールの神官は新たな確証を与えてくれました。

シュメールと日本をつなぐ十六菊家紋の謎4by中丸薫

近年、古代シュメールの神官と五次元で接触した人がいます。その人は冷戦冷めやらぬイラクの地、それもかってエリドゥの神殿があったその場所でシュメールの神官に接触しました。エリドゥとはシュメール文明の中心地だった場所です。私はその内容からしてこの接触は事実のように感じました。その方は日本人です。シュメールの神官はその方にこのように言ったのです。<人類の文明がこの地から始まったのは偶然ではない。我々シュメールの神官は時間と空間の法則を知っていた。それぞれの時には、そのそれぞれの時をリードする場というものがあるのだ。人類文明の誕生を導いた我々は、そこに一つの法則があることを知っている。その法則は、人類のすべての歴史に例外なく流れ、今日まで続いている。今日、あなたをここへ招いたのは、この我々の英知をあなたに授けるためだ。><私は肉体を離れた存在としてあなた方を今も見ている。シュメールは現在のあなた方の文明の生みの親だ。地球上のさまざまな文明はシュメールから小枝のようにして始まった。私はその長の一人として、子孫であるあなた方を見守り続けている。<生命に命の寿命があるように、人類の集合体としての命、すなわち、文明なるものにも寿命というものがあることを我々は知っている。そしてその集合体としての命の誕生の地は、その終わりの日まで、その文明のすべてを象徴するのだ。故郷の消滅は、最初から計算されていたことだ。シュメールに始まったこの文明は、今、その命の時を終わろうとしている。私は命の時を終わろうとするこの文明の担い手として、これから始まろうとする新たな命に叡智を授けたい。<あなたは、近代の歴史しか知らないが、これは近代の歴史に限ったことではない。人類のすべての歴史は、一つの例外もなく一つの法則に導かれてきた。それこそが我々が<聖なるリズム>と呼ぶ至宝の力なのだ。