SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

赤のっぽと青のっぽ by 皇后美智子

戦争は1945年の8月に終わりました。私たち家族は、その後しばらく田舎にとどまり、戦災を免れた東京の家に戻りました。もう小学校の最終学年になっていました。この辺で、これまでここで取り上げてきた本のほとんどが、疎開生活というやや特殊な環境下で、私の読んだ本であったということにつき、少し触れたいと思います。この時期、私は本当にわずかしか本を持ちませんでした。それは数少ないーそれも大人の手をとおってきた、ある意味ではかなり教育的な本ーを普段よりもずっと集中して読んでいたひとつの特殊な期間でした。疎開生活に入る以前、私の生活に読書が持った比重は、それほど大きなものではありません。自分の本はあまりもたず、三つ年上の兄のかなり充実した本棚に行っては気楽で面白そうな本を選び出してきて読んでいました。私の読書力は、主に少年向きに書かれた剣豪ものや探偵小説、日本で当時ユーモア小説といわれていた、実に楽しく愉快な本の読書により得られたものです。漫画は今と違い、種類が少なかったのですが、新しいものが出ると、待ちかねて読みました。今回取り上げた<少国民文庫>にも、武井武雄という人の描いた、赤のっぽ青のっぽという二匹の鬼を主人公とする漫画がどの観にも入っており、私はくり返しくり返しこれらを楽しみ、かなり乱暴な<鬼語>に熟達しました。子供はまず、<読みたい>という気持ちから読書を始めます。ロッテンマイヤーさんの指導下で少しも文字を覚えなかったハイジが、クララ叔母様から頂いた一冊の本を読みたさに、そしてそこにペーターの盲目おばあ様のために本を読んであげたいというもう一つの動機が加わって、どんどん本が読めるようになったように。幼児期に活字に親しむことが、何より大切だと思います。ある程度の読書量に耐える力がついていなかったら、私は父が持ってきてくれた数冊の本を、あれほど熱心に読むことはなかったし、一年半余りに及ぶ私の疎開生活に、読書の思い出を付け加えることはできませんでした。