SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

薬草茶のつくり方

まず摘んできた草を水でよく洗い、風通しの良いベランダや縁側などに新聞紙を広げて、カラカラになるまでよく天日干しします。夜露を避けて、お天気の良い日中に数日~一週間も干せば十分でしょう。よく乾いたらはさみで2,3センチにカットし、紙袋や空き缶に乾燥剤と一緒に保存します。飲むときは、草一掴み分をそのまま、または軽く煎ってから水で煮出します。草と水の分量や煮出す時間は好みで、加減してください。使用する容器ですが、土鍋やセラミック、ホーロー引きのものを用いましょう。鉄瓶や銅製で煎じると草の中のタンニンが鉄分と結びつき、体に悪いタンニン鉄をつくってしまいます。さっぱりした味わいと香りを楽しむなら、急須に熱湯でそそいで蒸らすだけでもokです。旅先などでは、生葉に熱湯を注ぐだけでも立派なお茶代わりになります。