SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

日本ではなぜ神棚と仏壇が一つの家に存在するのか?2.

在来の神々への信仰と、伝来した仏教との融合(神仏習合)は早くも奈良時代からみられ、神宮寺の建立や神前読経が行われました。そして、現代においても、七五三など人生の節目には神社にお参りし、祭儀は仏式で行うというように生と死の領域で両者はすみ分けられています。こうした<共存>が可能となった背景には、日本独特の宗教的風土がありました。中国、朝鮮半島を経由して日本列島に仏教がもたらせたのは、古墳時代後期の6世紀半ばのことです。当時の大和政権と密接な関係にあった百済の聖明王から仏像、経論が献上されると、崇仏派の蘇我氏と排仏派の物部氏による争いを経て、仏教は外国から渡来した神<蕃神>(あたしくにのかみ)として受容されます。豊かな自然に恵まれた日本の国土では古来、自然物や自然現象に神(霊魂)の存在を認めるアミニズムが発達しました。たとえば福岡県の宗像大社、沖津宮は玄界灘の沖ノ島を、奈良県の大神(おおみわ)神社は三輪山をご神体として祀っており、いずれもその周辺から古墳時代の祭祀(さいし)遺跡、祭祀遺物が発見されています。このようにして多数の神が存在する日本の宗教的風土は、仏を神の一つとして受け入れる寛容さを持ち合わせていました。神の原像を共同体の外部から訪れて恵みをもたらす<まれびと>に見出したのは国文学者の折口信夫ですが、仏教の仏はまさに<まれびと>としての神だったのです。