SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

宗教を超えた地球のお祭り1byべネシアスタンリースミス

キリストの誕生日は西暦1年の12月25日だと思われている方が多いと思います。ところが、キリストの誕生日がいつなのか聖書には書かれていません。実際のところ、西暦1年12月25日ではないという説が多いようです。西暦1年がキリストの生まれた年と決められたのは、ずっと後の西暦325年のキリスト教会の会議(第一回ニカイア公会議)でのことです。キリストが生まれた年は紀元前8年ごろから西暦1年ごろまでの間ではないかという説があるようです。また、12月ではなく4月から9月までの間ではないかとも言われています。天使により救い主の降臨を知らされた羊飼いが、キリストの誕生のお祝いに小屋に来ましたが、すぐに夜中のヒツジの見張りに戻っていったと聖書に帰されています。当時のベツレヘムでは4月から9月まで羊を放牧し、冬の間は羊を小屋に入れていたということです。古代ローマでは農耕の神サトゥルヌスを崇める(サトゥルナリア)というお祭りが12月17日から24日までの一週間、もようされていました。冬至の日まで弱くなり続ける太陽をサトゥルヌスが復活させてくれることを祝うお祭りです。その頃のローマ帝国では太陽信仰のミトラス教が多くの人々に受け入れられていました。サトゥルナリアの翌日の12月25日は太陽がよみがえる日とされ、ミトラス教では最も重要な祭日とされていました。人々は家の出入り口やテラスをローズマリーやゲッケイジュなど、永遠の命の象徴とされる常緑樹の葉で飾りました。このようなハーブは邪悪なものから家を守る魔除けになると信じられてきました。人々はローソクや小さな人形を贈り物として交換し、また富める者は貧しい隣人たちにお金や衣類を施す習慣もあったようです。1月1日を過ぎると<カレンズ>という古代ローマの新年のお祭りが始まります。この時期にも友人、親せき、子供たち、召使いの間でプレゼントの交換が行われました。太陽の象徴としてランプを送ったり、甘く平和な一年が過ごせるようにお菓子やはちみつが贈られたり、また、さらなる繁栄と金運を祈って、金や銀を送ることもありました。プレゼント交換の習慣はその後も受け継がれ、今ではクリスマスに欠かせない行事となっています。一方ヨーロッパでは北ヨーロッパを中心に<ユール>と呼ばれる冬至の祭りが12月6日から1月6日まで模様されていました。農耕や狩猟の収穫への感謝と翌年の豊穣祈願の祭りです。ローマ帝国はヨーロッパ全土に進出していく過程で、ヨーロッパ先住住民を兵士にしていきました。兵士になった先住民の多くはゲルマン人だったので、ゲルマン人の生活や風習などが、ローマ帝国へも影響を及ぼしたようです。