SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

どうにもとまらないby山本リンダ(1972)

1972(昭和47)年5月15日、戦後27年間、アメリカ統治下にあった沖縄の施政権が、日本に返還された。間もなく田中角栄が宰相となる。田中は高速道路や新幹線で日本をネットワーク化する<日本列島改造論>を発表した。電化事業も火力から原子力への大幅転換を提言。その政策網領を記した<日本列島改造論>はベストセラーとなった。このころ、巷で流行したのが、山本リンダが妖艶なスタイルで踊り歌う<どうにもとならない>だった。60年代<困っちゃうナ>で一躍ティーンのアイドルとなった山本リンダを、セクシーな大人の歌手にイメージさせるべく、作詞家の阿久悠と作曲家の都倉俊一が仕掛け、大ヒットした。ピンクレディーにつながる大胆なボディーアクションの振り付けで、先駆けとなった。角栄の<日本列島改造論>により、地方の地価が高騰して、株価も暴騰した。前年のドルショックから一転、新聞は地価や株価について<どうにも止まらない>と書き立てた。これ以降、阿久、都倉コンビが次々と生み出す、山本リンダの<くるわせたいの><狙い撃ち><燃えつきそう><ぎらぎら燃えて>などの曲名が、株価の動向を示すフレーズとして、新聞の見出しを飾った。石油ショックの時には<燃えつきそう>がヒットして、阿久は<これはもうブラックジョークである>と語っている。このころ小学生だったさくらももこ原作のアニメ<ちびまる子ちゃん>を見ていると山本リンダブームがいかにすごかったかわかる。この歌を日本中の小学生の女の子が歌い、振り付けをまねた。歌謡曲が社会現象になる、その先駆けとなった曲だった。漠然と日本人の奥底にある心情を一言で言葉で表し歌に託す。これは非常に心をわしづかみにするインパクトのある手法だ。