SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

魅力を感じるとき

誰かに魅力を感じるときには私たちに何が起こっているのだろうか?どうしてあるタイプにひきつけられて他はそうでもないのか、どうして誰かに決めるのか、こうしたことについて科学者たちはようやく理解し始めたばかりである_どうやらホルモンの仕業であるようだ。性的魅力が生じるとき、ホルモンが恋愛感情を増加するのに重要な役割を果たす。脳内のドーパミンの量が増し、おなじみの喜びの増加をもたらす。アドレナリンへ変換される化学物質が放出され、口は乾き、手のひらに汗をかく。さらに瞳孔が拡大し、あなたの欲望を相手に知らせることであなたをさらに魅力的にする。セロトニンの値が変化し、それが性的な欲望に満ちた考えをもたらすと考えられる。魅力を感じる人を見ると、たちまちのうちに前頭前野腹内側と呼ばれる脳の領域が活性し、デントの可能性を分析する。テストステロンが男女ともに放出され、性的な欲望を刺激する。性的魅力は顔の左右を示すからである。同じような趣味などの手掛かりは長期間うまくやっていけるかをはっきりさせる。赤い色は男女双方に情熱を燃え立たせる。しばらくたつと、関係は変化し、別の一揃いのホルモンが重要となる。オキシトシンはセックスの後に放出され、信頼と絆の感情を増し、関係を確立させるのに役立つ。二人の人物が非常に多くの時間を共に過ごす時に放出され、単婚制を促進する。魅力が増すにつれ心拍数が上がるため、好意と恐れの気持ちを混同し、恐怖映画を重要な最初のデートに選ぶかもしれない。長く視線を合わせることで二人の間の磁力は増す。多くの動物で、メスが繁殖可能な時間は、体に明るい色の腫れた部分ができたり、尿内に含まれるフェロモンなどの目立つしるしで明らかになる。人の場合、排卵期はそれほど明確ではない。またなぜそのように進化してきたのか不明である。それにもかかわらず、気があるふりをする。魅力的に聞かざるなど、女性には受精能力をし示す巧みな方法がある。男性にはこうしたシグナルを無意識のうちにとらえることができるようだ。ある研究結果によれば男性は排卵期の女性のにおいに反応したときのほうが、より多くのテストステロンを放出する。