SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

坂本竜馬の始祖は竹内宿禰1.

竜馬の父、坂本長兵衛(八平直足はちへいなおたり)が、天保9年(1838)に藩庁へ差し出した<先祖書指山控>によると、坂本家は<紀武内の子孫と伝う>とある。伝説上の英雄、竹内宿禰(たけのうちのすくね)がその先祖だというのだ。この人物は伝説上の人で、景行天皇(第12代)から仁徳天皇(第16代)に至る五代に仕えた重臣であったという。三百年あまりも生きたといわれ、伝説上とはいえ、長寿日本一としても知られている。特に武内宿禰をして後世にその名を知らしめたのは<古事記><日本書紀>にある神功皇后(息長足姫尊、おきながたらしひめのみこと)の伝説によってであったろう。伝説の発端は中哀天皇(第十四代、日本武尊の子)が筑紫へ渡り、皇后の同行して、灘縣(ながあがた)の香椎宮へ移ったことに始まる。中哀天皇八年の秋、九月五日、皇后へ神託が下った。<天皇は熊襲の服さぬことを憂えてはいるが、海のかなたには金銀豊かな国がある。この国を天皇に与えよう>熊襲よりまず、新羅を打つべし、との神託の旨を皇后は中哀天皇に告げた。ところが、天皇はこれを疑い高い岳に上ってはるかに大海を見渡したが水平線のかなたにそのような国は見えなかった。神託を信じなかった天皇に怒った神は<神をそしる天皇には、その国を得ることはできない。皇后の腹中の子がその国を得ることとなろう>と再び皇后に宣託したという。この神託をしたのは竹内宿禰であり、神を疑い変死した中哀天皇がたたらぬように祀ったのが、越前国敦賀郡の気比神宮寺なので、もうすでに、坂本竜馬と福井県のつながりはかなり昔から深いつながりがあったのだ。そして昔、越前国ことに、足羽郡今立郡などを中心に栄えていた豪族で生江(いくえ)氏というのがいたが、竹内宿禰の子、葛城襲津彦(かつらぎのそつひこ)の後裔と言われている。