SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

ナギナタコウジュ

縄文人と近く、日本人のルーツともいわれるアイヌ民族が暮らした地は北海道などの寒冷地である。そこにはもちろん、南方系の常緑照葉樹である<茶ノ木>は育つはずもなく、酔って日常茶は緑茶ではなかった。アイヌ名<セタエント>は”犬が集まるところに薬草がある”のような意味でアイヌ民族の日常で最も飲まれたお茶であった。冬に入る直前の晩秋に、ピークを迎える最も遅い季節の和ハーブであり、保存しにくい夏を通過せず、極寒の季節が長い蝦夷地区の保存飲食材としても適していたのだろう。風邪をひいたときは似ている鍋の上に顔を置いて、布などをかぶり、蒸気を逃がさないようにして風邪を治すが、この治療法はアイヌ語で<ヤイスマウカラ>と呼ばれる。また胃腸の不調や二日酔いには薬食同源として、薬を一緒に煮込んだ粥を食すという。冬も近づき、植物が少なくなりかけた晩秋に、林縁や日当たりのよい道端などにその存在を示す。茎先んp片側だけに5mmほどの淡紫色の小花を多数つけ、中央部の幅が広く花の反対側はすべて苞となり、その姿が武器の<ナギナタの先端に似ているため、この名がついた。草丈は50センチほど、茎部分はシソ科特有の四角形で繊維がしっかりしているが、むしろ葉部分よりも香りが強い。芳香部分はナギナタケトンなどのケトン類やテルペン類で、はっかとしそを合わせたような香りを持つ。アイヌの人々のように単体の和ハーブティーもよいが、香りが強いために好き嫌いがある。しかし、ほかの和ハーブともミックスには抜群のベース役となる。本州以南ではあまり有用されていないが、日本一の薬草エリアである伊吹山麓では茶材や浴用剤として有用してきた。現地薬草名人によれば、野生のものは生命力が強いが、栽培すると雨や虫に弱く、育成が難しい種のひとつであるという。