SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

神社めぐりをしていたらエルサレムに立っていた1by鶴田真由

ひょんなことから集まった女一人と男三人。偶然に見せかけた”必然”で出会ったこの世人は<古事記>を紐解きながら旅をすることに決めました。<古事記>は、日本の神話でありながら古代史の一面も持つ、という非常に興味深い書物です。このたびは日本人の心と体に眠っている古(いにしえ)の記憶を開いていきたい、ということから始まったのです。プロジェクトの企画をしてくれる知識人の木戸寛考さんを<悟空>見、おいしいものが大好きで一度会ったら忘れられないほどのインパクトを持つプロジェクトデザイナーの古田秘馬(ひま)さんを<猪八戒>に、物静かなイケメンカメラマンの井島健至(たけし)さんを<沙悟浄>に、そして残り物には福がある。残りの三蔵法師の役名をいただけた私とで<ニッポン西遊記>と名付けられた旅が始まったのでした。