SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

248年の皆既日食と天岩戸伝説

古代では天災も厄病も飢饉もすべて王者の責任と考えられていた。古天文学の創始者で元東京大学東京天文台教授の斉藤国治氏は神話の<天の岩戸隠れ>が皆既日食のことではないかという仮説を立てた。<天の岩戸隠れ>とは、弟スサノオの乱暴な行為に腹を立てた天照大神が天岩戸の隠れると、世界が真っ暗闇に包まれたというものだ。紀元158年と248年に皆既日食があったことが分かった。紀元248年は、卑弥呼が死んだと記録されている年だ。これは偶然の一致だろうか。卑弥呼が死んだ248年にたまたま皆既日食が起こり、そのために卑弥呼の死が<天の岩戸隠れ>という神話になって長く記憶されるようになったのではないか。卑弥呼が<日巫女>(ひみこ)で<太陽神>としてあがめられていたとするならば、皆既日食を古代人はこう考えたに違いない。<卑弥呼の心がけが悪いから、そういう不吉なことが起こるのだ>と。これでは狗奴(くな)国との戦争に勝てるはずがない。かくして大敗北を喫した邪馬台国は、役に立たなくなった王女を殺害したのではないか。だが、この死によって、卑弥呼は日本史の中に永遠にのこることになった。卑弥呼としてではなく太陽神、天照大神として。実は、それを裏付ける傍証がもう一つあるのだ。