SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

ケルト民族 ④by和久井光司

アイルランドに生まれた人々が、アメリカに新天地を求め、大量の移民となって海を渡るのが日常的になったのは19世紀の半ばからだが、(それまでにもすでに約200万人のケルト人がアメリカに渡っていたが)。移民船のピークは1850年代から1920年代だった。そのもっともポピュラーなコースは南アイルランドのコーク、もしくはダブリンや、北のベルファストからマン島、リヴァプールを経て、ロンドンに近いサウザンプトンやイングランド南西部のプリマス、フランスのシェルブールなどによって大西洋を渡り、ニューヨークやニューオーリンズにたどり着くというものだった。1911年5月に完成したあのタイタニック号は、リヴァプールで、1845年に創立された航海運輸会社<ホワイトスター社>が、ベルファストの造船会社<ハーランドアンドウルフ社>に造らせた(オリンピック号に続く)2艘目の豪華客船で、母港はリヴァプールである。リヴァプールからニューヨークへの船旅は約3週間。船底といっていい三等客室にはアイルランドからの移民を満タンにしていた。大ヒットした映画、(タイタニック)でも、アイルランドからの移民たちの【イングランドの上流階級とは明らかに違う】超文味嗜好を象徴するようにバグパイプやフィドルやティンホイスルといった楽器で伝承音楽が演奏されるシーンが挿入されている。移民とともに海を渡ったアイルランドの音階やリズムは、イングランドや北アイルランドの音楽に大きな影響を与えていくわけだ。英国のbbcは1991年にアイリッシュミュージックのドキュメンタリー<ブリンギングイットアールバックホーム>を制作して、cdや書籍も発売。ウォルトディズニープロダクションは、1998年に、アイルランドからアメリカに渡った移民が、新天地でどう生きてきたかをテーマ視した5時間45分にも及ぶドキュメンタリー<ジ、アイリッシュ、イン、アメリカ、ロング、ジャーニー、ホーム>を制作した。そういった”素材”がそろったことで、音楽ファンの間で、にわかに高まってきていた伝統的なケルト音楽の見直しが一般層にまで広がり、1990年代半ば以降はわが国でもアイリッシュミュージックがかってないブームになっている。アイルランド移民の末裔が4,000万人にも及ぶといわれるアメリカ合衆国で、”アイリッシュルーツ”の再発見が促されはじめたのは1980ねんだいなかばごろから。1980年にダブリンから登場したロックバンド、u2の人気がアメリカで爆発し、世界的なグループになったのは1983年の事だが、アイルランドを南北に分ける長い宗教戦争や<血の日曜日事件>を題材にした彼らの歌は、アイルランドを故郷とする我執国国民に衝撃を与えた。u2は<time>誌の表紙を飾ったビートルズ以来のロックバンドとなり、社会的にも大きな影響力を持つようになる。1988年には、アイルランド移民が持ち込んだケルト音楽と、アフリカから来た奴隷がアメリカで作り上げた黒人音楽が合体して、ロックが生まれた>という事実を検証するために、u2自身がアメリカを旅して歩く映画<ラットルアンドハム>【魂の叫び】>と、そのサウンドトラック盤を完成して世界的なヒット作にした。u2はビートルズはグループで果たせなかった”宿題”を、見事に形にしたのである。その宿題とは何か?