SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

仙境異聞 by 平田篤胤 1.

文政三年(1820年)10月1日の日暮前、午後4時ごろのことであった。屋代輪池(やしろりんち)翁がやってこられ、願ってもない誘いの声をかけてくれた。<世にいう天狗の誘いを受け、長らくその従者になっていた童子が、山崎美成(よししげ)の家に来ているのをご存知かな。その子はあちらの世界でいろいろと見聞きしたことを話してくれるとのことだ。その話を聞くと、あなたが前々から考え記されてきた説と符合するところが多い。今から美成のところに行ってその子に会って見ようかと思っているのだが、どうですか、あなたも一緒に行かれませんか。私はといえば、かねがねそういう人物とじかに会い、究明したいと思うことをたくさん抱え込んでいた。渡りに船で、とてもうれしかった。ちょうど伴信友(ばんのぶとも)(本居信長の死後の門人。篤胤とともに天保の四大家と称された)が来合わせていたが、(すぐ戻ってくるから)と言い残して、私は屋代翁とつれ立ち、美成のところへと出かけた。道すがら私は屋代翁に尋ねた。<神誘いにあったものは、話があいまいで、とりとめがなく、ことさらにあちらの世界のことは秘密めかしてはっきりと語らないものですが、その子はどうですか><だいたい世に知られている神誘いにあったものはそのようだが、その子供は包み隠さず話すそうだ。美成の話では、先に虻川家へ行ったときにははるかかなたの西方浄土の国々まで行き、迦陵頻伽(かりょうびんが)(梵語kalarinkaの音訳。好声鳥、美音鳥の意。極楽浄土に生息するという。阿弥陀経には、美女のような顔をし、美しい声で法を説くとある)をさえみたといって、そのなきごえをまねて聞かせたということだ。最近あるところで誘われたとかいうものも包み隠さず、話していたと聞いた。昔はあちらの世界のことがこの世の中に漏れることを避けていたが、近ごろは、あちらの世界のことをそれほど隠さなくなったようだね。いろいろと質問して、忘れず書きとどめなさい>