SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

仙境異聞 by 平田篤胤 3.

文化9年(1812)、寅吉が七歳の時のことであったという。池之端茅町(いけのはたかやのちょう)の境稲荷社の門前に、貞意という易者が住んでいた。貞意は、毎日自分の家の前で、八卦見の商売をしていた。寅吉がじっと見物していると、貞意は<乾(けん)の卦(け)が出ました><坤(こん)の卦がでました>などという。それで卜筮(ぼくぜい)というものは、さまざまの獣の毛を集めておいて、何かになぞらえる決まりがあり、その毛を探り出し、クマの毛が出ればかくかく、鹿の毛がでれば云々と、探り出した毛によって物事を占う術のことだろうと思った。それでもう寅吉は、卜筮が習いたくて習いたくて、仕方がなくなってしまった。ある日、寅吉は、貞意の周りに人がいないのを見計らって、<どうか卜筮の術を教えてください>と頼み込んだ。貞意は、寅吉が子供だったので、からかってみたのだろう、<卜筮はたやすくは教えられない術だ、だから七日ほど、手のひらに、油をため、火をともす行を務めてみろ。それが終わったらまた来るがいい。そうすれば教えてやろう>といった。実際。気安く教えられるものではなかろうと、寅吉は貞意の言葉を真に受けた。寅吉は家に帰ると、父も母も誰も見ていない時を見計らい、そっと二階などに上がったりして、ひそかに手灯の行を始めた。そのあつさはたえがたかったが、何とか七日の行を成し遂げて、貞意のもとへ勇んで出かけた。<ほらこのとおり、てがやけただれてしまったぐらいです。でも言われたように、七日の手灯の行を勤め上げました。どうか、卜筮の術を教えてください>寅吉は頼んでみたが、貞意はただ笑ったばかりで、教えてはくれなかった。寅吉は何とも悔しくてたまらなかったが、どうしようもなく、いよいよ卜筮への興味を掻き立てられただけであった。寅吉は募る思いを抱えたまま、日一日を過ごしていた。