SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

雅楽は宇宙そのものの響き

日本の古代音楽でも、琴は天の楽器として、僧尼が奏することで、宇宙に働きかけるという<天の音楽>が知られているし、雅楽の楽器たち、たとえば笙(しょう)は天の光、篳篥(ひちりき)は地,そして龍笛(りゅうてき)が天地のはざまの空を象徴するというように、わずか三種の楽器が天、空、地を表している。また、琉球王朝時代の楽器、三線は、天(糸巻き上部)、地(竿と胴の部分)、人(弦)に分かれ、宇宙の調和を内包しているとされる。現代の音楽になれた耳には、メロディーもリズムも判然としない雅楽は、とても音楽には聞こえないが、雅楽の音世界とはそもそも古代人のコスモロジーを具現化したものだ。あの独特の音世界に聞くべきは、音楽というよりも宇宙そのものの響きなのである。このように、古代東洋における天球の音楽は、例としていくらでもあげることができるが、なかでも宇宙は自己であり、自己は宇宙であるという宇宙との同一性を目指すインド哲学の宇宙観は自然科学であり、宗教であり、心理学であり、詩であり、音楽でもあるという壮大な体系だ。これらがすべて渾然一体となっているところが、インド思想の懐の深さであり、ここのところは、何もかもをジャンル分け使用とする現代の合理化思想ではちょっと太刀打ちできない。