SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

星を夢見る法<虚空蔵求聞持法>

奈良時代には虚空蔵菩薩の求聞持法をすることが盛んでしたが、これは虚空蔵菩薩を本尊にして記憶をよくする法です。記憶のいいのは後から習ったのではなく、はじめから覚えている知彗だということから自然智というのですが、その自然智が得られる。その証拠は記憶がよくなることです。弘法大師もこれをやったからあんなに記憶がよくなったのかもしれません。求聞持法の成就は、ちょうど100日目、一番最後の晩の朝方に夢を見なければいけない。そのときに明星<金星>が天降ったという夢を見ないといけない。しかしそれを一生懸命念じていると見るのではないかと思われる。それを見ないともういっぺんやり直さなければならないのです。これを泰澄はやった。<げんこうしゃくしょ>の<越知山泰澄伝>という伝記に書いてある。一度金星をじっと見てください。太陽とはまったく違うあの鋭い金星の光をマジかに見ているだけで、脳細胞の記憶をつかさどる視神経の一つ一つについているたくさんのシナプスが刺激され、抜群の記憶力が発揮されるという、受験生必見の密教です。

白山の三馬場

白山は日本海側随一の分水嶺であり、手取川と九頭竜川が日本海へ流れていきます。手取川は金沢の西を流れて海へ注ぎ、九龍流川は福井の東をとうって三国港へ流れ込んでいます。それに対して長良川は太平洋水系として、伊勢湾に流れ込んでいく。流域の広さ、長さではおそらく日本随一でしょう。日本歴史の表には武士の争覇というものがあったように、裏には山伏の争いとが絡み合って、非常に複雑な動きをしていました。白山修験は修験道の上でも熊野修験についで日本の修験道界を支配してました。南北朝以降になると、熊野修験を追い払って、青森県から鹿児島県まで、日本全国に白山神社を作り始めてきます。本社にまっすぐにとうっている参道のことを馬場といいますが、越前、美濃、加賀ー三馬場ともに非常に仲が悪かったため、全国の白山神社がひとつにまとまっていなかったのが現状であります。

日本最古の砂粒発見

8月26日の新聞に載ってた記事によると、国立科学博物館や国立極地研究所などのグループが富山県黒部市内で採取した花崗岩から、国内最古となる約37億5千万年前の砂の粒を発見したと発表した。砂粒は地下のマグマが上昇中にとかし込んだ岩石に含まれる<ジルコン>と呼ばれる鉱物で、約0.1mmの楕円形。ほぼ同じ年代のものは中国東北部で見つかっているといい、日本列島を解明する上で重要な試料になるという。このジルコンは福井でも産出する。三国の浜と日野山山頂そして砂金をとった後の足羽川の川砂の中に含まれるという。ジルコンは風化に強いので川砂や海岸に堆積し、ダイヤに似ているのでウランの量を計ることで年代測定ができるわけで、カナダで見つかった片麻岩が約40億年で世界最古といわれています。

大森房吉の1923年の謎

福井出身の地震博士の大森房吉<1868-1923>は福井の日の出町出身で東大の先生をしていました。1923年のあるとき東大のある先生が、ここ数日のうちに東京で大地震があるようなのでこれを世間に発表したいといったところ、大森房吉は、猛反対。今これを発表すると、東京は大パニックになるから、しないほうがいいといって、オーストラリアの学会に出発してしまう。すると案の定、もう一人の先生の言うとうり、1923年9月1日、東京で大地震が起きたのである。しかも。うちのお客さんで、東京の上野でこの地震に遭遇された方がいる。生まれて、満二歳のときでお父さんの背中におぶられてにげ回ったらしいといってました。大森房吉はなぜ1923年に関東大震災にあっていないのに死んだかというと、学会そっちのけで、大急ぎで東京に戻る船の中で死んだという。原因はなんだったのか謎のままである。

三島由紀夫の<憂国>におけるエロス

学習院高等科を首席で卒業し、東大法学部に入学卒業後は大蔵省に入ったという作家、三島由紀夫の作品に大変すごい<憂国>がある。何がすごいかというと、とにかく強烈な作品です。10代の人にこの作品を読ますと、ほとんどの人が気に入ってしまうらしい。精神的にも肉体的にも深く愛し合っている二人が天皇皇后両陛下のご真影が飾られている神棚の下で具体的かつ濃密なセックス描写が繰り広げられる。しかもこの作品は映画化され、主人公を三島由紀夫が演じ、未亡人が耐え切れずフィルムを焼き捨てたという。小説以上にインパクトの強いものらしい。ワグナーのオペラ、<トリスタンとイゾルデ>がえろちっくな音として使われ、せりふは一切ない。テーマがすごすぎて、芸術の神秘性にかけると評論家は言うが、エロスと死。愛と死。個人と国家。今の日本人にはこのテーマは重すぎるのかも知れない。<二人の正当な快楽が、自分の肉の欲望と憂国の至情の間に大義と神威という、一分のすきもない完全な道徳に守られている。二人の芳醇なsexをこうゆう風に表現されると、たまったもんじゃありません。