SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

牡羊座の月

基本的な性格は意気込みが合ってpogitive。,勇気があり、個性が強い。忍耐力がなく繊細さに欠ける。嫌いなことは弱さ、優柔不断。心をわくわくさせてくれる新しい刺激が絶え間なくあることがこの人にとって必要なこと。学ぶべきことはほかの人のことを配慮する。あなたの本章はおひつじ座のつきは、大胆な積極差を持った自立心を示します。基本的にぬきんでたい性格のため、根っからの負けず嫌いで、野望を遂げるために一生懸命努力します。リーダーとなり、決断を下し、状況を手中に納めないと、あなたは満足しません。このつきは勇気を授けますから、新しい状況や冒険にチャレンジする緊張感が好きです。そしていつも物事の先端を走っています。ライフスタイルはこのつきを持つ人は肉体的スタミナがかなりあるため、運動をする機械がかなり多い家庭環境でしょう。また余暇に旅行するのが大好きなので、世界中を旅したお土産や思い出の品々が飾られているでしょう。若いときから自立するように励まされたことでしょう。両親はよく支援してくれますが、あなたに大きな期待をかけました。同じようにあなたも押し付けがましい親になり、子供が人生をうまくやっていけるか心配します。あなたはお父さんとうまく絆を結べなかったかもしれないし、家族の女性メンバーが強くて、疲れ氏ら図のエネルギーが満ち溢れた支配的な正確だったかも知れません。独創的で広い視野に立った考えと、プロジェクトを最後までや離党す勇気を持った心で、あなたが仕事で成功するのは時間の問題です。さらに、野望があって、自己主張が強く、目標をさえぎる生涯を許しません。生まれながらのリーダーで、部下をやる気にさせる才能を持っています。山羊座の月の人はたいてい丈夫です。ただ、かっと厚くなりやすいので、事故にあいがちです。特に切り傷ややけどに要注意。また、おうし座は頭を支配しますから、慢性的な頭痛や排他を持っているかもしれません。おうし座のようにタフ、無骨、自立心旺盛、自我が強い正座には、干渉する間も、機敏に触れるような忍耐力もありません。月が与えてくれる柔軟さもやさしさも、おひつじ座の激しくたくましい生き様に押されてしまいます。どんな理由があろうとも、弱さも優柔不断もあなたは好きではありません。自分のことでも、氷魚のことでも、感情を受け入れるのが苦手なのでしょう。あなたは自発的に行動する人です。決断は即座に、人生は一瞬一瞬を生きるべきで、ぬきんでることがじゅうようだとかんがえています。

ムーンサインからのアドバイス

ムーンサインは次のようなことをあなたに教えてくれたり、影響を与えたりします。知っておくと役に立ちます。本能的<先天的>なリアクションの傾向。秘められた願い、欲望。感情の高まりと落ち込み。想像力の幅。人が見たあなたの個性。初対面の人にどのように接するか。毎日の習慣や慣習にしたいこと。家族の歴史。母親との関係。創造性と芸術性。心の奥底で願うこと、必要なこと。心から愛するもの、憎むこと。嫉妬心と喜び。恐れるもの、取り付かれるもの。一人でいるときの振る舞い。愛する人に対する感情的な接し方。家庭環境や家族のライフスタイル。安心感を得るために必要なもの。母親以外で人生に大切な女性との関係。人生で感情面が満たされること。周期的に経験する気分の高まりと落ち込み。母性本能。無意識に記憶されたプログラム。潜在意識化の記憶。幼少期の境遇。家族の影響。大人になってから表面化する子供時代に身につけた態度。

太陽の星座と月の星座

太陽の星座は人に対してあなたがどのように振舞い、人があなたからどのような印象を得るかを教えてくれます。それはあなたの自我、振舞い方や性癖、意志の強さ、周りに与えるインパクトなどをあらわします。あなたの生き方、生きる姿勢が、太陽の星座の要素の中に含まれているのです。一方あなたの<月の星座>ムーンサインは、個性として表れるあなたの心、精神的な部分について教えてくれます。現世であなたに与えられた役回り、気持ちをどのように表現するか、沸き起こる感情にどう対処するか、ということがわかります。あなたが人とどう向き合うか、どのような対人関係を気づくのか、人とのかかわりの中でどのような感情を抱くのかなど心情や心理を示してくれます。そのためムーンサインを理解すれば、あなたの気合や態度、あなたが精神的に求めているもの、あなたの感性をより深く知ることができるでしょう。

月の星座であなたを占う

ロリーリードの<月の魔法>で月の星座で本当の自分を知るというのを見つけました。自分の星座を聞かれて答えられない人はめったにいないのではないのでしょうか。ただ普段あなたがおうし座とかてんびん座というとき、それはあなたの誕生日に太陽が運行していた星座のことです。この太陽がいた星座は私たちの本質や人生の傾向を手短に説明する方法です。占星術では、太陽は一日にやく一度移動し、ひとつの星座に大体30日から31日滞在し、一年で12星座すべてを回るといわれています。ところが月はもっと早足です。太陽がひとつの星座に一ヶ月ほど滞在するのに対して、つきは二日と四分の一で次の星座に移り、たった四週間ですべての星座を運行してしまいます。たいようはひとつのせいざにひかく適長い期間滞在するため、自分の誕生日に太陽がどの星座にいたのかを調べるのは比較的簡単です。ただ二つの星座のきょうかいせん<カスプ>にうまれた場合の判断は簡単といえません。私たちの多くは太陽の星座を知っていても、誕生したときに月がどの星座にいたのか、つまり自分のムーンサインを知っている人はめったにいません。ところが、自分自身のことをよく理解するためには、これも同じように重要な情報なのです。

井沢元彦の丸岡城発見

天正4年<1576>朝倉氏を滅ぼした信長は、越前国を柴田勝家に与えた。宿敵越後の上杉謙信に備えて、一乗谷を捨て、北の庄<福井>に平城を築いた。勝家の移封に伴い、配下の武将たちは次々と北陸に入って新しい城を築いた。おいの柴田勝豊も、それまでの越前人が城を築こうとはしなかった神社の岡に城を築くことを思い立った。信長は住民に対してはきわめて気を使った男で、初めて京にはいったときは絶対に略奪、乱暴はしてはならぬと、部下の兵士を厳しくいさめている。略奪をしないということは、<銭を払う>ということで、もしこれが守られるなら大軍が入れば入るほど商人はうるおうことになる。実際、信長の部下たちはどこでもそうしたので、天下は押しなべて信長になびいたのだ。おそらく丸岡でもそれがあったのだろう。継体天皇の4番目の娘わんこ姫が祀られていた神社が置かれた神聖な岡で、とよかつは社を退去させ城を建てた。そしてここ丸岡城には人柱伝説がある。人柱とは、その建築が消失したり倒壊したりしないように、神に犠牲をささげるという名の基に人間を生き埋めにするものである。神社を動かして城を築くなどという古い考えでいえば、<罰当たり>の織田家に対する反感が、このような伝説を生んだのではないか。安土城ほどではないが、この丸岡城の石段や石垣にも墓石などを転用した例が見られるという。これは信心深い人間にとってはまさに冒涜だったはずだ。