SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

メソポタミア文明を起こした少彦名神vol,3

宮中掌典<しょうてん>にして著名な神道学者、宮地直一、および神仙界に出入りしたといわれる宮地水位を親地厳夫<いづお>は少彦名神が、メソポタミアにも顕現したと述べている。宮地は古代オリエント文明の発祥地として史学に定説のあるメソポタミア<ペルシャ湾に面したチグリス、ユーフラテス両側の間の池>に伝承されるカルデア神話が、仏教やキリスト教の思想と深い関係にある、日本神話とも著しい類似点があることを指摘している。さらに宮地は論をすすめ、カルデア神話の伝承地たるメソポタミアという地名は少彦名神の転化したものだともいう。同じく神道の大家である、天行居創立者、友清歓真<よしさね>も次のように帰している。元来、少彦名神は席暖まるまもなく、世界各地を殉教せられたものであるが、主として活動せられたのは、海外においてはメソポタミア地方であると思われる。エジプト文明もギリシャぶんめいも、このメソポタミアあたりから流れ込んだ形跡は蔽うことはできない。仙法道術や禅術なども、またはいろいろの占ボク法や医術のごときも、たいていこのあたりから流れ散っている。そして少彦名神のメソポタミア付近で活動せられた年代は余はいろいろの事情から算出して今より約8,000年から10,000年前であると推断することができる。友清は少彦名神がメソポタミア地方において活動したことを述べ、少彦名神がいったん外国から帰ってきて大国主神と会見したのは、約8,000年ばかりも前ではないかとまで推論している。まさに神々は世界において雄飛し、その文明の発展に大きな力を振るっていたわけであり、とりわけ少彦名神のその働きは大きいといわざるを得ないわけだ。

メソポタミア文明を起こした少彦名神vol,2

日本の神々は中国インドを始め、世界中に赴いたのである。日本に近いせいか、中国には神々の事跡がよく伝わっている。彼の国で、たいこう氏、ふっき氏とも太真東王父<たいしんとうおうふ>とも、扶桑太帝<ふそうたいてい>とも称されるのは、日本の大国主神のことである。さらにそのたいこう氏に三才<天と地と人>の本義を伝え、神農<しんのう>氏に医薬の大法を教え、皇帝や老子に養神金丹<ようしんきんたん>の術を授け、泰乙少子<たいいつしょうし>、泰乙元君<たいいつげんくん>などと称される神こそ、実は小彦名神なのである。ちなみに小彦名神は、その姿が赤ん坊のようであったため、東海王清華少童君、東華大神青童君とも称され、扶桑国<日本>の方諸山というところに住むといわれていた。またインドにおいては少彦名神のことを梵天子とも、童子天ともいって、いわゆる梵志<バラモンの別名>の遠祖は、その梵天子の口から生まれたということになっている。<西遊記>で有名な玄しょう三蔵は梵志の学風を精徴を極め、玄奥を尽くしたものであるときしているが、その元は少彦名神に発するのだ。このように中国の玄学<老子などの神仙の学問>も、インドの梵学<仏教の学問>も、すべて日本の神々を根源として発したのである。さらにほかの国々の開闢も、もちろんわが国の神々の尽力によるのである。

メソポタミア文明を興した少彦名神 vol,1

江戸時代の国学者、本居宣長の<玉鉾百首>に<さひづるや常世の戒<から>の八十国は少名昆古那<すくなびこな>ぞ作らせりけむ>という歌がある。日本を始めほかの国々も少彦名神がおつくりになったというのである。つまり、世界各国に文明を起こすため、天津神は日本を本地<根拠>とする神々を海外へ派遣した。その中の一人に、常世の国に出かけたとされる少彦名神が入っていたのである。復古神道を大成させ、現在の神道、古い神道に大きな影響を与えた国学者、平田篤胤によれば、少彦名神が伊佐々の小浜にやってきたのは、じつは神皇産霊神の御手俣からもれ落ちて、外国に行っていた神が帰国したことを述べたもので、粟の茎に弾かれて常世の国に渡りたもうとあるのは再び外国に行ったことを語っているというのだ。入れ替わるように大国主命の和魂<にぎみたま>、大物主神<おおものぬしのかみ>がやってきたことが、<古事記>にきされているが、これもまた、早くから外国に渡っていた神が開闢経営の任を追えて帰国したことを表している。外国に渡った神は彼らだけではなかった。伊邪那岐<いざなぎ>伊邪那美<いざなみ>、須佐之男<すさのお>なども海外に出た、彼の地之開闢に力を注いだのである。そうなると、日本の神々が外国に行っている間、日本は留守<神無>かみなしになってしまうではないかという疑問がわく。が心配は無用である。一個のおおきな火を何箇所に移し、ともしても元の火は減ることがないように神々はこの国に本体をおき、その分魂だけを外国に移し、その地で活躍させることができるのだ。神仙道において<玄一>という術がある。自分の中に宿る造化神より授けられた一霊を守り、さらに鏡などを用いて身体を三つにも五つにも分けるすべである。有名な神仙の書である<抱朴子>によれば、その師匠は一日にすうじゅっかしょにすがたをあらわし、同時に部屋で客と談じ、門で客を迎え、池で釣りをしているといった風で、いったいどの人物が本当の師匠であるのかわからなかったことがしばしばだったそうだ。そのようなことが人間にできるのであれば、神々がそうしたことができないはずがないと平田篤胤は反論している。

第23回越知山泰澄ウォーク&泰澄祭のご案内

平成23年5月29日<日>午前8時30分~午後4時<小雨決行>。集合場所は丹生郡越前町杖立,奥糸生地区多目的集会施設<旧小川分校跡>。主催は越知山泰澄塾、日本山岳会福井支部、あさひ山の会。後援は越前町、糸生地区句会長会、糸生をよくする会、越知夢の会。内容は自然の景観、山野草や樹木、史跡を鑑賞しながらのゆったりした登山。山頂広場での泰澄祭。野外コンサート、史跡散策。8時20分受付開始、8時30分入山式。9時00分出発、ゆっくり登山。11時40分到着、越知神社参拝。12時00分泰澄祭、音楽鑑賞<鯖江ハーモニカクラブによる合奏>昼食<泰澄鍋野振る舞い>展望台史跡など散策。泰澄の社わりびきけん<当日限定>を配布<帰りにお風呂を>14時00分下山式14時05分下山開始<原則としてもとのコースを下る>16時00分げざんしゅうりょう<旧小川分校>事前申し込みは不要。参加無料、下山は自由行動、山はくだりで事故が多いので要注意。問合せ先は越知やま泰長塾事務局0778-34-1203.090-6810-5839<城戸信弥>泰澄塾の会員を募集しています。一緒に活動を。気軽に声をかけてください。最後に開催趣旨は、山笑うといわれる新緑の時期、泰澄大師ゆかりの霊峰越知山に入り今時空を超えてその自然に触れ、史跡を訪ね、古の先人たちも眺めたであろう丹生山地の景観に感動を得る。そして自然への畏敬の念を新たにするとともに先人たちのご苦労に感謝し、これを守らん。若葉か折る木漏れ日の中、森林浴に浸り、快い汗を流すことで心身ともにリフレッシュし、山を愛する人と人、自然と人とのふれあいと語らいの場とする。そして現場で、つい最近発行された泰澄の道第2弾がここで手に入ります。もう残りわずかですのでぜひどうぞ。

少彦名神とは?

しかも親である神皇産霊神は<最悪(いとつら)くして、教養(おしえごと)に順はず、指間(たなまた)より漏堕(くきお)ちにし)子であると語っている。つまり、少彦名神は、どうにもならない子であり、やがて親の手を離れてしまう子である、といっているのだ。この事蹟は、いくつになっても大きくならないため親にいささか疎まれ、それを知って親のとめるのも聞かずに家を出てしまう一寸法師の物語とよく符合する。さらに少彦名神は医療の神とされているが、一寸法師は針を持って旅に出ている。。針とは鍼灸治療の針のことである。また、(薬食同源)といわれるように、食こそ最善の薬である。一寸法師のおわんと箸は(食)を意味する。ちなみに橘香道という言霊研究家はその著(童話と経綸)という書物の中で、(一寸法師はこの少彦名神のことであります。少彦名神のことを中国では神農といって薬の神様にしています。そしてラウムといって弥勒菩薩ともいっています。)と記しています。御伽噺の中には、何気なく神話の神々がその名を変えて登場しているものがあるが、この一寸法師も少彦名神の異称である可能性は高い。