SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

12月1日は自由な魂

12月1日生まれの人は、率直にものを言う人です。言葉だけでなく、行動に移すこともためらいません。目をきらきら輝かせて無邪気に振舞い、周囲を味方につけてしまいます。体裁をつくろわず、気の向くままに社会規範を破り、礼儀を軽るんじることさえあります。特に人生の深刻な問題に直面しているときに、その傾向が強いようです。何を考えているのか、傍目にはすぐわかるので、深みのない人間だと思われることがあります。しかし、そうではありません。性格は複雑で何回。ただその表現(たいていユーモアに富んでいます)が、周囲の人間にわかりやすいというだけです。自分自身の性格を把握していなかったり、自分のしていることの意味を理解していなかったり、何か自分では抑えきれない力に突き動かされているかのようです。このままで大丈夫だろうかと、本人さえ疑問に思うことがあるかもしれません。しかし、独特の精神構造とはいえ、当人にとってはうまく機能しているようです。気前がよく、自分のもっているものを周囲の親しい人と分かち合いたいと考えます。金銭面だけでなく、誰かと一緒にすごし、手助けをすることなども含まれます。問題は、尼ありに忙しすぎてその暇がないことです。そうすると欲求不満になり、自分だけでなく子供など、家族にも悪い影響を与えます。とはいえ、非常にエネルギッシュなので、無理だとわかっていても会えて挑戦し、できる限り周囲と分かち合います。異性に対して軽薄そうに見えます。しかし必ずしも深刻な問題ではありません。愛想を振りまいていても、特別な人への深い愛情はきちんと持っているからです。小さいころはやんちゃで、奔放な思春期を過ごし、青年になっても落ち着かない人がいます。きちんと経験をつんでこなかったり、あまりにも厳しく叱責されることが続いたりすると、フラストレーションがたまります。セックスに対して強迫観念を抱くのは、心の奥にある不安が原因のことも多いようです。この日生まれの人は、自由な魂の持ち主です。会社など、組織のために働く能力もあるでしょう。ただし、ここぞとい疎き二字分で決定を下し、仕事を進めるほうが力を発揮できるはず。あまり長い間同じ仕事をしていると負担になり、精神面に深刻なダメージを請ける恐れが無きにしも非ず、ずっと折に入れられていた獣は、野生の本能を失ってしまいます。自分を表現できる自由な環境にいることは、この日生まれの人にとって大切なことです。一方で良識のない振る舞いが許されないことも学ばなくてはなりません。あまり率直になり過ぎないようにし、手の内をすべて見せてしまわないほうがいいでしょう。人にまじめに受け止めてほしければ、自分が周囲からどれほど信頼されているか、もう少し考えてみる必要があるでしょう。ウッディアレン、ベッドミドラー、エリックロメール、ジャコパストリアス、藤純子、根津甚八が12月1日生まれ。うきうきしている、外交的、エネルギッシュ、消耗しやすい、見当違いをしやすい、不注意。人生ではシンプルイズベスト。


11月30日は周到なアタッカー

11月30日生まれの人は、克服したいと思うものならなんにでも、いつ、どのように攻撃すべきか本能的に知っています。猪突猛進型ではないので、そのアプローチは計算され、周到で効果的なものになります。直感が鋭く、妨害しようとする人を不意打ちする能力があります。その結果、ライバル、敵対者、競争相手は、この日生まれの人に勝つためにはどれだけの下調べ、準備が必要かを思い知るでしょう。どんな人かは仕事の仕方を見ればよくわかります。顧客をずらりと思い浮かべ、趣旨を検討し、どのように関心を引こうかと頭の中で何度もシナリオを練り、そうして始めてどんな状況にも対処できるようになるのです。こうしたはじめの準備段階を経て、周到に、そしてたいていは<かも>の同意の下に、会合の時間と場所が設定されます。後は狙った獲物をしとめるだけ。服装、話し方、タイミング、すべてが見事に計算されています。結果として、とても拒める状況ではありません。とはいえ、自分の負けを認め、受け入れることも大事です。どんなにこちらが自信を持っていても、なびかない相手もいるのですから。持っているものを最大限に生かすすべを心得ています。その才能が何であれ、らくらくと進化を発揮させられるでしょう。またユーモアのセンスも持ち合わせ、深刻な問題も明るく変えてしまう事を知っています(いつでも笑顔で)。その湯0モアはさりげないのですが、満場を爆笑の渦に巻き込みます。物まねも秀逸ですが、風刺しようというときは実に微妙な表現になり、他人には本意がーほとんどー伝わらないかもしれません。実際、一筋縄ではいかない、ひねったユーモアです。人当たりはよいとはいえ、攻撃されると守りの構えが強くなります。人のいうことに過剰反応したり、内心の不安感を簡単に表さないよう気をつけましょう。極端に怒りっぽいところがあり、笑いものにされるのは我慢ができません。直接攻撃されるとまず頑固な防御壁で、次には攻めた側が痛手をこうむる念入りな報復攻撃を仕掛けてくるでしょう。待つ傾向があるので、不平不満を溜め込んだり、感情を抑えたり、フラストレーションを抱えたりすることが内容に要注意です。自分に向けられた否定的な意見にも、含むところなく品位と落ち着きを持って対処できるのは、聡明なタイプの特徴です。子供っぽい面があり、気取りのない提案や申し出に、あえって心を動かせることがあるようです。世の中のあらゆる脅しや巧妙な理屈には頑固に抵抗しますが、開けっぴろげな正直さにはころりと行くでしょう。マークトェイン、ウィンストンチャーチル、ジョナサンスイフト、シャーリーチザム、アビーホフマン、ゴードンパークス、デヴィッドマメット、ボージャックソン、ゴードンリディ、林や三平が11月30日生まれ。徹底している、ひょうきん、ダイナミック。

11月29日は真実を守る煽動家

11月29日生まれの人は、他人を挑発することを心得ています。-考え方がぶつかり合うだけのこともあれば、争いにまで発展することもあります。ごたごたを起こすのが好きで、姿をあらわすだけで状況を変えてしまうこともあるでしょう。トラブルメーカーという烙印を押されても、本人は他人の迷惑など気にもしません。人をカットさせるつぼを知っています。相手のコメントをさえぎり、眉を吊り上げ、沈黙に者を言わせる、などのことを極めて効果的に駆除します。真実を守る番犬と辞任し、真実を無視しようとする人たちを嘆いているのかもしれません。このような違反者を罰する能力は驚くばかりです。いつどこかで攻撃すべきかを熟知しているのでしょう。しかし、その攻撃があまり残酷にならないように、また高潔さを、失わないように注意しなければなりません。社会的、政治的機関の安定に貢献することは余りありませんが、自分自身については常に正直で、用心を怠らないことは確かです。私生活では非常にがんばり矢で、家族や友人に一貫した安心感を与えることができます。停滞している台風みたいなもので、渦を巻いているけれども、すぐにそこを動くわけではありません。台風の目にあえて突っ込む人は、この日生まれの人が外的から守られていることを確信するでしょう。不安定な感情や気分のせいで一番苦しむのは本人です。他人に迷惑をかけていながら、腹を立ててる人の気分がどんなものか創造できないのです。洞察力のある人なら、この日生まれの人が自分に対する居心地の悪さを感じ、気分に左右されて心もとなく思っていることを見て取るでしょう。野心や意欲については、いつも日々の雑事と個人的な問題で忙しすぎ、世界を征服してやろうな度とは考えられない状態です。社交や仕事の面では、ある程度のレベルに達するとそこに落ち着くことが多いようです。しかし、攻撃を切り抜ける多義意まれな才能のせいで、いつまでも挑発的な態度を取り続けるかもしれません。安全な地位から追い落とされる危険性があるとすれば、論争にうんざりした同僚たちによるものでしょう。同じことは忍耐強いパートナーや友人たちにも言えるかもしれません。結局のところ、人生は論争などと縁のないシンプルなもの(たとえたいくつでも)のほうがいいと思うようになるのです。幸せな生活を送りたいなら、挑発的な態度を和らげ、時には成り行きに任せることを覚えなければなりません。アダムパウエルジュニア、ルイーザメイオールコット、ベリーゴーディ、ジャックシフラ、ぺトラケリー、ジョンメイオール、チャックマンジョーネ、尾崎豊が11月29日生まれ。刺激的、ダイナミック、影響力が強い、トラブルに巻き込まれやすい、周囲の平穏をかき乱す、ストレスを感じやすい。呼吸が気持ちを落ち着かせる。

11月28日はユニークな一匹狼

情熱名11月28日生まれの人は、自分の道を追及せずにはいられません。<ミスター矛盾>とでも呼んだらいいような、攻撃性と繊細さが入り混じったユニークな個性で、家族や友人を驚かせてばかりいる複雑な人たちです。主義主張を何より大切にしますが、大真面目なところと皮肉の迷路が複雑に交錯して、あっけに取られるような形になることもあります。たとえば、保守的か革新的か、右翼か左翼か、社会秩序を守るものかアナーキーな反逆者化、などと分類するのは難しいかもしれません。つまり、そのような言葉は、この日生まれの人の思考パターンを説明するのに何の意味も成さず、むしろ本人自身の言葉で理解したほうがいいのです。肉体葉の印象がありますが、何より求めているものは精神面であり、さらに言うなら知性です。生き方や仕事がどんなものであれ、しょっちゅう論争を起こし、既成の定理や新年には従おうとしません。基本的には独学の人で、学校は、よくて不愉快な場所、悪く言えば監獄です。決め付けるような口調や、何であれ人くくりにしてしまう態度に抵抗があり、常に反対意見を唱える癖があります。辛らつなユーモアを好み、敵に対しては有力な武器として、また自分の意見を明確に伝える手段としてウイットや皮肉を利かせます。しかし、たいていはまじめ一辺倒の印象しか与えません。感情面では、個人的な問題に翻弄されることが多いでしょう。ロマンティックな関係は頻繁にあるのですが、この方面では長続きさせるのがひどく苦手です。一方、友人関係は堅固で有意義なものになります。この日生まれの人と親しく付き合った人は頭にくるような気難しさ、強情さ、あまのじゃくなどの気性を決して忘れないでしょう。いつもわが道を行き、自分のことしか頭にないような人たちなのです。たとえば非常に心が広い人なのに、ひどく利己的になることもあります。この人たちの長所や真の姿は、批判したり分析したりする大人よりも、純粋に直感で判断する動物や子供のほうが理解しやすいかもしれません。自然と動物への愛着は侵すことのできない領域で、失望と不確かな人間生活からいつでも逃げ込める安息の地になっています。おそらく一番問題なのは自分を理解すること、その複雑で気難しい性格を整理することでしょう。たいていの場合、自分をきゃかんてきに見るのを妨げているのは激しい感情です。自分の考えに没頭しすぎないために仕事をしているようにも見えます。地角の大機能ー知性、感情、著間、感性のバランスをうまく取るには、多大な努力が必要でしょう。それができたときこそ人間的に成長し、社会的に順応していくことができるのです。ウイリアムブレイク、向田邦子が11月28日生まれ。人間性に深みがある、気取らない、感受性が鋭い、首尾一貫している、混乱している、自分の主張を押し付ける。

11月27日はどきどきしたがりや

11月27日生まれの人は、自分で興奮状態を生み出すこともあれば、そのような状態に強く引かれることもあります。反応がすばやく、刺激を好む性向は行動に現れます。衝動的に走りでし、正しい方向へ進んでいるか、立ち止まって自問することなど待ったにありません。直感は大体において正しいようですが、時には窮地に陥ることもあります。他人の目には神経的なタイプに映りますー内面も外面もいつもぴりぴりしている印象なのです。締め切りに間の合わせるためには膨大なエネルギーを注ぎ込むので、仕事仲間にとっては頼もしい働き手になります。また技術面や感情面でも同僚たちが何を人用としているかについて勘が働くので、優秀な上司にもなります。ただし本人は拘束されるのを嫌い、他人を訓練するような役割は落ち着かないと思っていて、まるで上に立つタイプではないようです。絶対的な行動の自由を何より必要とし、それを理解できる人だけが仲良く暮らしていけます。柔軟性のない生活や道徳過ぎるパートナーに縛られると、てきめんにフラストレーションがたまります。このようなフラストレーションは、忍耐とかんしゃくの限界で突如として爆発するでしょう。大げさに表した場合も、うちにとどめた場合もこの怒りは深刻な問題になります。後者の場合、この抑えられた怒りはすぐにうつ状態や自信喪失に変わってしまうでしょう。調子のいいときは空の果てまで舞い上がり、調子の悪いときはどんよりと落ち込みます。しかし、躁うつ病患者のように両者の間を揺れ動くことはありません。つまりよい状態か悪い状態のどちらかにとどまるのです。ただし、いつまでも同じ状態にい続けるわけではありません。ありがたいことに、調子のよい時期のほうが長続きするようです。家族問題については驚くほどうまくやっています。子供を愛し、ペットを愛し、家庭が快適で安心な場所になるよう心がけるでしょう。安住と放浪の自由を同時に持つことが一番の幸せなのですが、残念ながらこの矛盾が両立することはめったにありません。えらぶるところがないので、子供に対しても友人や兄弟のように接するのを好みます。この姿勢は強い父親像、母親増を必要としている子供には深刻な問題になり、代わりをよそに求めるようになるかもしれません。暴力は、人生の大きなテーマとなります。自分から暴力を振るったり、周囲の状況で、どういうわけか暴力沙汰に巻き込まれる傾向があるのです。エネルギーを抑制し、湧き上がってくる怒りをなだめ、混乱を収めることを覚えるのは、精神面を鍛える上でよい試練になるでしょう。人間としての成長は、自分のエネルギーを理解しコントロールする能力に不礼していくものです。ジミヘンドリックス、ブルースリー、アレクサンドラドプチェク、ランディブレッカー、松下幸之助、小室哲哉が11月27日生まれ。機敏である。向こう見ず。