SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

2月15日は発明の才に恵まれた人

2月15日生まれの人は、素晴らしい発明の才に恵まれ、創造力も豊かです。技術的なものでも、詩的なものでも、だれも思いつかないようなアイデアや夢を実現することができます。創造的な考え方をごく自然に披露し、普通の人にとっては難しいことでも変化に富んだ複雑な挑戦として受け止めます。この点は、非常に前向きな姿勢の持ち主です。一方、努力が報われないと落ち込みやすく、行動力より忍耐猟区のほうが要求される場合は特に粘りとオスだけスタミナがないことが欠点になります。と手の神経質で、他人から批判されると強く反発します。また、感情を表に出しやすく、まさに一触即発という状態です。周囲の事柄をスムーズに運びたがりますが、これは他人のためばかりではなく、自分のあれやこれやと指図をしないで済むため大きなゆとりが生まれるからです。楽しみたいという気持ちを隠そうとはしませんが、同時に主義や理想は非常に大切にします。他人に同情や環境を寄せるので、他人の痛みに敏感です。このため、恵まれない人や弱い人が利用されたり抑圧されたりするのを見るに堪えません。また、自然が大好きで、気の向くままにそぞろ歩いたり、考えたり、世の中のあらゆることに思いをはせるのが好きです。好奇心の塊で、身の回りのすべてを探りたがる人も多いようです。自分自身を刺激で満たせば満たすほど、充実した人生が送れるのです。ただし、あまりにテンションの高い生活を長く続けすぎて燃え尽きてしまわないように注意しましょう。自分を律することで破天荒な生活を立て直すこともできますが、他人にきちんとしろと指図されるのは大嫌いで徹底的に抵抗します。ただし、指図道理にきちんとすることが必要な場合は十分に理解し、それが理にかなっていれば厳密に従おうとしますが、残念ながら、この不完全な世の中ではそうした機会はめったにないようです。フラストレーションを外に出さずに押し黙ったまま怒りを内側に抱え込むことがあります。そういう時は自分をなだめて残念賞を与えたり、ひそかに報復を企てていたりするのです。精神的に未熟な人の場合、自分を甘やかしたり、手の付けられない怒りを爆発させたりしないように注意が必要です。とはいえ、ネガティブな感情と向き合うのは、きわめて価値のある挑戦とも言えます。年齢を重ねるごとに賢くなり、感情も安定するでしょう。ここでカギとなるのが愛情。日々の生活における愛情のやり取りは成長を遂げるのにかかせません。愛情なしでは内向的になり、イメージは豊かでも一人きりの孤立した世界に住むことになります。ガリレオガリレイ、チャールズティファニー、ジョンバリモア、ブライアンホーランド、井伏鱒二、九鬼周造,白土三平が2月15日生まれ。好奇心旺盛、創意工夫の才がある、愛情豊か、ハチャメチャ、神経過敏、気分や。明日は明日の風が吹く。

2月14日はクールな警句の達人

2月14日生まれの人は頭の回転が速く、短くてもピリッと皮肉の利いた、時には人を打ちのめすほど強烈なコメントの達人。人々を笑わせると同時に、ふと考えさせます。また、手短に的確な指摘ができるため、人が一時間かかって説明するところを、ぴしゃりと気の利いた警句を一言はいて注意を引きます。冗談を言ったり、人を担いだりするのが大好きで、時には大ぼらを吹きますが、生活に即した視点を失わず、身の回りのすべてをウイットにあふれる目で見つめます。とはいえ、シニックというわけではありません。ユーモアや雄弁や辛辣なコメントなどは、どれも表現上の手段にすぎないのです。自分自身(あるいは人生)について深刻に考えるのは実が手ですが、仕事にはそんな面が出ません。むしろ達観しているとさえ言えます。精神的に未熟な人の場合、考え方が否定的で、破滅につながるような行動をとったり、権力を求めたりします。人間としてのりょしきや社会のルールなどは自分に関係がないと考え、自分だけの郷やインが、<悪の力>に無縁だと勘違いしてしまうこともあります。大きな不運に見舞われても、気づかないことさえあるでしょう。皮肉なコメントが人を小ばかにしたような嫌味にならないよう注意。そうした態度はただ反感を買うだけです。嫌味っぽいユーモアもしばらくは面白く感じますが、最後に浜の抜けたものになってしまいます。誰しも大笑いは好きですが、人々が注目するのはその笑いの対象なのです。自分をジョークの種にできる人たちはこれをわきまえていますが、自分を卑下しすぎるのは考え物。集中力と頭の回転の速さは素晴らしく、どんちゃん騒ぎの中でも仕事に集中できる能力は大したものです。一方、性欲の相当に強く、様々な官能的な行為を楽しんで頭脳に必要な休息を得ます。会話のいらない時間は、話術で生きる彼らにとって贅沢の極みなのです。結果として、自由時間はあまり知的とは言えない人々と過ごすことになるかもしれません。この日生まれの人の友人には素朴な人が多き、知的であると同時に、リラックスして楽しく過ごすすべを知っている人たちです。あまり相手を身構えさせないように注意しましょう。また、自分の能力を生かして自分自身を厳しい目で見つめることができれば大いにプラスになります。一人になって、周囲との忙しい付き合いから離れてみることがカギです。フレデリックダグラス、グレゴリーハインズ,モリーリングウォルド、アランパーカー、マジックサム,ケンウオール、鮎川哲也、小林正樹が2月14日生まれ。ウイットに富む、軽快、人を楽しませる、押しが強すぎる、皮肉っぽい、人を傷つけがち。言葉の傷はナイフの傷より治りが遅い。

2月13日は奔放なエネルギーの持ち主

2月13日生まれの人はエネルギッシュ。常識の範囲内でなら、刺激的なことを何でも歓迎します。刺激を求める一方、自分がスポットライトを浴びるのも大好き。実際、とことん目立とうとする人が多いようです。たとえ人前で目立とうとしない人でも、家族や仲間内ではだれよりも注目されていたいのです。感情をはっきり表して、うれしいにつけ悲しいにつけ他人と気持ちを分かち合おうとします。気まぐれで、秘密や自分の考えを隠し通すことができません。正直で、感情的にもあけっぴろげなため、多くの問題を引き起こしますが、特に恋愛をめぐるトラブルが多いようです。一般に、気ままにふるまおうとするタイプですが、それを一つか二つの特定の領域に絞ることもあります。こうした特定の領域に関しては、この日生まれの人を抑え、協力させるのはとても無理です。十分に理性を備え、楽しい性格なのですが、たまに頭と体、知恵と心が断絶してしまうことがあるのです。このため、支離滅裂になって、感情的にブレーキがかからなくなったり、感情とは切り離されているはずの施行に感情的なものを持ち込んだりします。元気にあふれ、自由気ままにふるまい、たいていは健康的で感情豊かです。ただし、精神的に未熟な場合には、暴力的になったり、自滅的になったりすることもあります。人間として成長するためにも、冷淡になりすぎない程度に冷静さを養い、自発性を押し殺さない程度に抑え、自分の要求や批判を全員が受け入れるわけではないと自覚することが大切です。また、あまりにもはっきりしすぎて周囲の人を無視してしまう場合もあることに気づいてください。周囲の人々も自由でいたいのは同じです。自分の中心にあるものを求めて、常にそれと向き合い、人間的な成長のために自分の複雑な人間性を掘り下げることが必要です。また、相手の考えの筋道を理解するように努め、恐れ、欲求、願を受け止めること。愛テニス群理解してもらおうとしますが、これは見当違いです。相手が自分と同じような人間に違いないと期待しても、全く見当違いのことがあります。親しく話し、付き合っている相手と波長が合うと信じたい気持ちはわかりますが、たまたま理解しあえず、自分には当たり前のことが相手に通じなかったからと言って、腹を立てたり、イライラしたりするのは禁物です。ジョルジュシムノン、チャックイエーガー、ヒョードルシャリアピン、キムノバック、ジョージーシーガル、オリバーリード、ピーターガブリエル、フランキー堺、竹宮恵子、中島梓が2月13日生まれ。のびのびしている、社交好き、エネルギッシュ、衝動的、無謀、すぐに取り乱す。静かな場所は安らいだ魂の中にある。

2月12日は人々の架け橋

2月12日生まれの人は、身の回りの異なる要素をまとめるのが得意。家庭のトラブルを収拾したり、ひびの入った友情を回復させたり、リーダーシップを発揮したりして組織内の争いを解決したりなど、人々の間を取り持つ梯のような存在なのです。それでは、組織の一員に向いているかといえば、必ずしもそうではありません。この日に生まれた人は状況を自分なりに判断して、立場によってはグループの方針を決定しますが、必ずしも人々の同意を求めません。ただし、人々の考えを無視したり軽視するわけではなく、様々な意見を検討した結果、どうするのが一番良いかという結論に達しただけなのです。そんな彼らの決心は固く、説得力や指導力も相当なものです。多芸多才、自分の持つ様々な面を統合するのもこの日生まれの人の課題です。多才さが災いして、仕事や私的な問題をうまく処理できないこともあります。さらに、一度決心をすると決して方針を変えようとしない頑固さがトラブルにつながることもあるでしょう。問題が起こった時には、妥協せずに横車を押してしまうかもしれません。絶対的な物差しで何かを測ろうとすることが多く、相対的にとらえるのが苦手です。ただし、真実を理解しようとすると、どうしても自分の物差しを当てはめてしまいます。当初の倫理観を貫きたくても、状況に応じて方針を変えたり、状況が変化する過程で同僚や仲間たちが打ち出した熟慮の上での提案に注意深く耳を傾けるようにすることも大切です。一定の考え方に理解を示し、そうした考えを基盤として自らの考えを発展させていくことも珍しくはありません。折に触れて自分の視点を振り返って、それが正しいかどうかを確認してゆけば、自分の考えに対する確信を一層強めるとともに、多くの過ちや勘違いを防ぐことができます。精神的に成熟した人であれば、最終的に名不必要な考え方を捨て去るようになるでしょう。人々をまとめようとする行為自体は悪いことではありません。とはいえ、状況を成行きに任せて変化させ、発展させ、また、めちゃくちゃにする法が返ってプラスになることもあるのです。本人はその場を離れたり、途中半端で終わったりすることに抵抗があるかもしれませんが、何もしないことが最大の勇気の証になる場合もあると気づいてください。エイブラハムリンカーン、チャールズダーウィン、フランコゼッフィレリ、佐分利信、山口淑子、長嶺ヤス子、が2月12日生まれ。多面的、人を守ろうとする、アイデアが豊富、狭量、決して譲らない、打ち解けない。

2月11日は暮らしの改良に情熱を注ぐ人

2月11日生まれの人は、日常生活の向上に貢献します。こうした改良は新しいアイデアや便利な発明品など様々です。いずれにしても。身近な人々の生活が物質面で助けられたり、改善されることは確かです。キーワードは改良。この日生まれの人にとって、完全に快適で便利な環境など、この世に存在しないのです。快適さやぜいたくさを世に送り出すとはいえ、本人には快楽を求めるわけではありません。楽しみを際限なく追いかけるのは精神的に未熟な人だけです。この場合、しばらくは非常に順調でも、必ず失望、嫉妬、所有欲、そして苦しみがもたらせます。精神的に成熟した人の場合、様々なものを買いりょぷすることは、滅意を持って取り組むべき創造的な仕事になるでしょう。人々の暮らしの質(生活水準、小くじ、娯楽)を改善するにあ立って、この日生まれの人は単に暮らしを楽で愉快なものにするのではなく、もっと意味あるものにしたいと考えます。実用面を改善するのは、もっと知的なことや創造的なこと、あるいは精神的なことに時間やエネルギーを使えるようにするための手段にすぎません。そうすれば、快楽にのめりこんだり、一番大切なものを見失ったりせずに人生を満喫できるからです。最大のテーマは自由。制限を克服することに関しては特に熱心です。肉体の限界を超えることは、それが先天的または後天的なハンディキャップを克服することでも、また欠点を補うことでも、やりがいがあり、実り多いことです。この日生まれの人は、肉体、精神、経済面などのあらゆるハンディに邪魔されるのを嫌います。残念ながら、友達や家族、知人のために良かれと思って手本を示したつもりが、結局は相手を怒らせてしまうことも時にはありますが。間違っていたり、幼稚なやり方だったりしても、自分のやり方には手を出さないでほしいという人がいることを忘れてしまいがちです。要領の悪い人や頑固な人が同じ過ちを繰り返し、改良のチャンスをみすみす逃しているのは見るに忍びないことかもしれません。それでも、時には我慢して、人がなすままにさせておかなければなりません。この日生まれの人で社会的な地位を得た人は一匹狼とみなされ、変化や進歩を恐れる保守的な人々から敵対視せれることもあるでしょう。成功者でいるためには機転や処世術を身に着け、放置すべき時は手を出さないことも大事です。トーマスエディソン、マリークワント、折口信夫、唐十郎が2月11日生まれ。手助けをいとわない、創意工夫の差異がある、良いものを見分ける力がある、何事にも過剰になりやすい、のめりこみすぎる、無神経。