アソビねっブログ

神祇信仰と仏教 2. 2014/10/31
敏達天皇の皇后で後の推古天皇は、蘇我氏の血を受けているのですが、敏達天皇の皇后という立場から、どちらにもつかない中立の立場をとったと思います。これはのちに聖徳太子が摂政を務めた推古天皇ですから、常識から考えれば仏教をたいへん信じた人と見るのが普通でしょうが、どうもそうではなかったらしいのです。聖徳太子がなくなった後、推古天皇は僧尼に対して厳しい僧網制度を決めています。それがはっきり出てきていますから、どうも推古天皇は、必ずしも崇仏派ではなかったといえるのではないでしょうか。敏達天皇の次の天皇になったのが、その弟の用明天皇です。用明天皇は聖徳太子の父君であり、蘇我稲目の娘堅塩媛(きたしひめ)と欽明天皇の間に生まれていますから、言うまでもなく蘇我氏の血を受けています。ですから用明天皇は記録によりますと<天皇、仏法を信じ>、さらに<神道を尊ぶ>と神も大事にしています。

by 6014D | 2014-10-31 17:17 | コメント(0) | 未分類


神祇信仰と仏教 1. 2014/10/31
仏教の受容は、まず欽明天皇のときの仏教公伝における対応が問題となります。その時欽明天皇はどういう立場をとったかというと、日本書紀の記載を紐解くと、蘇我氏に崇仏派があり、物部、中臣氏のような排仏派があって、その中で天皇は非常に迷います。そしてどちらにも加担できないということで、欽明天皇は中立の立場でした。日本の天皇ですから、本来ならば神を重んじなければいけないのでしょうが、蘇我氏の力が強いので、蘇我氏の主張も認めなければならない。むげに断るわけにはいかないということで、おそらく中立の立場をとったのだと思います。欽明天皇の後、位を継いだのが敏達天皇です。推古天皇や聖徳太子は蘇我氏の血が半分は入っています。ところが欽明天皇や敏達天皇は蘇我氏の血が入っていません。それが微妙に仏教を信ずるか信じないかに響いてきます。敏達天皇は欽明天皇の子ですが、全く蘇我氏の血を受けていないので、仏教に対して冷たい態度をとります。<日本書紀>の記載によりますと、<天皇、仏教を信ぜず>と言っております。

by 6014D | 2014-10-31 17:04 | コメント(0) | 未分類


仏教とは蕃神。 2014/10/28
日本書紀、仏教伝来552年を見ると、どう記載されているかというと<蕃神>と書いてあり、<あたしくにの神>と読んでいます。その蕃神を受け取って、日本がどのような対応をしたかといいますと、一つはいわゆる崇仏派、もう一つは排仏派です。崇仏派は蘇我稲目(そがのいなめ)を中心とする人たちです。排仏派は物部尾興(もののべのおこし)や中臣鎌子(中臣の鎌子)といった人たちです。これは家柄からいうと、当然そうすべきだと思います。物部氏というのは天皇家の親衛隊のような家柄ですから。天皇の親衛隊外国から入ってきたかも様をそのまま受け入れるということはありえないわけです。中臣氏というのは神祇官です。神をつかさどる家柄ですから、これも当然排仏派になります。蘇我氏がなぜ崇仏派になったかといいますと、蘇我氏というのは当時かなり大きな力、天皇家に匹敵するくらいの大きな力を持っていたと思います。それほどの大きな力を持っていたのは、蘇我氏が非常に国際的な視野を持った家柄だったからです。中国や朝鮮あたりからわたってきた人たちを自分の配下に収めており、非常にインターナショナルな家柄でした。そのため、外国から入ってきた神について、中国で信じられているなら、当然日本でも信じなければいけないという理解に立ったわけです。だから崇仏派になりえたと思います。<日本書紀>によりますと、もし蕃神、つまり仏様を信ずるならば国神の怒りを買うことになるということで忠告されます。そしていろいろなことが起きます。お寺を焼かれたり、仏像を難破の海に投げ捨てられたりします。そのようなことが起こりつつも、やがて日本ではどのようにして仏教が定着していったのでしょうか。

by 6014D | 2014-10-28 16:55 | コメント(0) | 未分類


仏教伝来 2014/10/28
日本に仏教が伝来した年代は2説あって538年説と552年説があります。<元興寺縁起>と聖徳太子の伝記<上宮聖徳法王帝説>では538年。<日本書紀>には552年とあります。継体天皇がなくなった後、すぐに欽明天皇が位についたと考えると538年なのですが、日本書紀によると続いて欽明天皇が位を継ぐ。これで行くと仏教伝来は552年になるのです。梅原猛さんは日本書紀のほうをとっていますが、大勢は538年説をとっており、これが仏教伝来の都市で、いわゆる百済から日本へ公に伝えられた年です。ところがもう一つ<扶桑略記(ふそうりゃくき)>に出てくるもので継体天皇16年、522年に記録上仏教が伝えられたということが確認できる。この年が公伝以前において確認できる古い仏教伝来の年と言われております。

by 6014D | 2014-10-28 16:51 | コメント(0) | 未分類


松尾芭蕉は隠密だった?4. 2014/10/28
旅に出る前に大垣藩士と何度も句会を開催(旅の隠された目的について話し合いをしていた?)(芭蕉庵)のあった深川の土地はもともと幕府の役所があった場所だった。(ただの民間人が住める場所ではない?)<奥の細道の出発後、いきなり千住に六日間滞在(代官の屋敷で任務のレクチャーをうけていた?)<行く春や鳥啼き魚の目は泪>藩の領内では連句の会を開かず、その前後で盛んに開催(当時幕府と仙台藩は緊張関係にあり、領外へでてくる人から情報を集めていた?>(平泉)夏草や兵どもが夢のあと、(平泉)五月雨の降り残してや光堂、(立石寺)静かさや岩にしみいる蝉の声(出雲崎)荒海や佐渡に横たふ天の河.その頃世界は芭蕉が活躍した17世紀後半、欧州では貿易などを通じて国の富をふやす重商主義政策がとられ、海外とのつながりが緊密化していった。イギリスでは会議が中心となって国王を追放する<名誉革命>(1688~89)が起き、立憲王政が成立。フランスでは1682年、絶対王政の象徴的建造物ともいわれるベルサイユ宮殿が作られるなど国王ルイ14世が強大な権力をふるった。中国では明から王朝交代した清が最盛期に入り、1683には鄭氏政権を倒して台湾を編入した。

by 6014D | 2014-10-28 16:27 | コメント(0) | 未分類



アソビねっ管理メニュー

このお店の基本情報を見る
■カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
■以前の記事
■カテゴリ
他のショップブログを見る