アソビねっブログ

天孫降臨の原義2、by 友田吉之助 2015/03/29
<日本書紀>によると、和田に到着したニニギノミコトは、この地の豪族、事勝国勝長狭の娘、木花之開那姫(このはなさくやひめ)(別名鹿葦津姫、かしつひめ)を妃とされ、日向国の第一代の大王(大君)となったのである。ニニギノミコトが宮都とした場所がどこであったか<日本書紀>にも<古事記>にも明記されていないが、私は彌美神社の鎮座地であったと推定するのである。その理由として以下の三点を挙げることができる。1、現在、彌美神社の神前において、ニニギノミコト等を奉迎する意味を持つ、王の舞が行われていること。2、彌美神社の鎮座地の地名は宮代(みやしろ)と呼ばれているが、宮代という地名は宮殿が存在した地名を意味していること、3、彌美神社の神紋は日月紋であり、その日月紋は、万物の根源者を意味するが、ニニギノミコトの神性は、万物の根源者であり、彌美神社の祭神と神性と一致していること。このように見てくると、ニニギノミコトの宮都が彌美神社の鎮座地であったことは、ほぼ間違いないであろう。要するに、ニニギノミコトは三方郡の梅丈岳に君臨し、梅丈岳から下山して、美浜町の和田に行幸し、和田から宮代の彌美神社の鎮座地に行幸し、この地を宮都と定めて日本国の第一大王(おおきみ)に即位したものと推考されるのである。繰り返し要約すると、まずニニギノミコトがトンボに化身して梅丈岳に降臨したことを明らかにし、日本神話は皇室をトンボの化身としていることをほぼ明らかにした。次に<天の浮橋>とは、美浜町の岳山であることを明らかにし、ニニギノミコトが到着した<吾田の長屋の笠狭碕>とは美浜町和田の弁天崎であることをほぼ明らかにすることができた。また、和田に到着したニニギノミコトは、和田から約3メートル南方にあたる彌美神社の鎮座地に行幸し、ここを宮都として、日本国の第一大王となったことをほぼ明らかにすることができたのである。

by 6014D | 2015-03-29 13:36 | コメント(0) | 未分類


天孫降臨の原義 1、by 友田吉之助 2015/03/29
私は昭和50年、天孫ニニギノミコトが降臨した高千穂峰が宮崎県(日向国)の高千穂峰ではなく、福井県三方郡美浜町大字日向(ひるが)の背後にそびえている梅丈岳であろうと推定して、現地調査に行きました。三方町鳥浜を中心とした魚へんに時と書く川や(名前がわからない)三方五湖の地域に強力な支配権を持つ原始国家の国王が実在したことは明らかですから、三方町に隣接する美浜町に、強力な支配権を持つ原始国家の国王が実在したことも間違いない事実であると推考されます。具体的に申しますと、ニニギノミコトは<日本書紀>と<古事記>とに記載されている国王でありますが、そのニニギノミコトは、美浜町大字日向(ひるが)の背後にそびえる梅丈岳に君臨したと推定されます。また、日本国の第一の大王(おおぎみ)とされているのですから、日本神話に述べられている神話的人物は架空の人物ではなく、実在の人物であると遂行されます。

by 6014D | 2015-03-29 13:28 | コメント(0) | 未分類


旧暦回帰は生命回帰by 三枝龍生 2015/03/29
一年を24に分けた二十四節季と一年を72で分けた七十二侯は<水仙の花咲く>とあり、新暦で6月初め、第二十五侯は<カマキリうまれ出る>とあり、2月の下旬第五侯は<霞たなびき始める>とあります。誰もが、<花鳥風月>な人になれるのが旧暦だったわけです。季節感の中に身を託すと大切な心身の癒しにつながり、身体が天地と結ばれていくのを実感できるはずです。旧暦回帰は生命回帰につながるためには実に大切なことです。マヤ文明であれ、エジプト文明であれ、なぜ古代の文明は暦の作成に命を懸けたかといえば、人々の生命に対する深い愛情から出発した文化文明の凝縮こそ、その国のその土地に合った暦作りだったからなのです。その土地の暦を失った国は、いずれだれも住めない国に変貌していきます。そうならないためにも、我々はもう一度文化文明という共同体の進路に真剣に対峙する必要があります。そして今がその時であるように感じられてなりません。旧暦では空を見て、三日月の日は3日であり、満月であれば十五夜、つまり15日を意味していました。また健康な女子であれば満月に月経(身体と外部をつなぐ気の道筋、経絡を外経絡を私はなずけましたがまさに月経はその典型であります)が始まりますので、女性の身体にやさしく、恋する男女にとってもこの月を中心にした暦はいろいろ便利だったと思います。

by 6014D | 2015-03-29 13:02 | コメント(0) | 未分類


日本の曲がり角だった、明治6年 2015/03/29
明治6年(1873年)というのは、日本にとって不幸な年となりました。かの西郷隆盛、板垣退助をはじめ、当時の特別優秀な政府首脳である参議の半数と軍人、官僚約600人が職を辞した政変が起こってしまった年なのです。岩倉具視ら、西洋かぶれの外遊組が、その後の日本のかじ取りを大きく切り始め、日本が身体性を失っていく方向に進んでしまった年といえます。その年から、西洋の太陽暦(グレゴリオ暦)が強制的に導入され、それまでの日本の季節に合った独特の暦は徐々に姿を消していき、先の敗戦によって決定的になくなりました。ちなみに韓国、中国では今でも旧暦が大事にされています。彼らの時間軸に対する鋭敏な感受性は失われてはいないのです。

by 6014D | 2015-03-29 12:50 | コメント(0) | 未分類


生まれ変わり5、 2015/03/21
なぜ生まれ変わりがあるのだろうか?仏教では<迷い>のせいだというが、あまりに暗い考えである。神道では再生には目的があると考える。それはまず第一に、霊魂の成長のためである。霊魂は幽界や霊界でももちろん<修理固成>の道を歩むのではあるが、現世において肉体を持って生きることは、霊魂の成長にとって大いに勉強になると考えるのである。肉体が<悪>であるという思想は神道にはない。そしてまた、一回の人生でできなかったことに再び挑み、ひいてはこの世全体を進歩発展させるという目的もある。さらには下り霊でのべたように、大神霊の詔命を携えてこの世に再生し、人を導き救うような偉業を成し遂げる霊魂があることも確かである。したがって前世の記憶が今生のその人の人生に大きな影響力を持つことがある。その人が持っている願望、情熱、物事の好き嫌いなどは生育環境のせいばかりではなく、その人の前世記憶や、この世に再生した目的に由来するものである場合も多い。

by 6014D | 2015-03-21 16:23 | コメント(0) | 未分類



アソビねっ管理メニュー

このお店の基本情報を見る
■カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
■以前の記事
■カテゴリ
他のショップブログを見る