SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

有酸素運動を始めて、20分以上たつと?

有酸素運動を始めて、20分以上たたないと脂肪は燃えない?これははっきり言って嘘です。というか、20分たたないと脂肪が燃えないという言い方が、不適切です。普段から使っているエネルギーの半分くらいは、脂肪で賄われているのです。運動をすると、エネルギー需要が一気に増えます。その分をどうするかというと、まずはてっとり早くエネルギーになりやすい糖質で対処します。したがって、運動の開始時は、エネルギー全体における脂肪の割合はぐっと下がってしまいます。その後、交感神経が活性化されてくると、アドレナリンやノルアドレナリンといったホルモンが増え、脂肪が盛んに分解されるようになります。すると、脂肪酸とグリセロールという物質が血液中に出てくる。今度はそれを取り込んで、エネルギーとして使うようになります。そうなるまでには、確かに15分から20分ほどの時間がかかります。ただ、脂肪は筋線維の中にもあり、これはもっと早くからエネルギーとして使われ始めています。運動開始から15分から20分たったところでエネルギーとして使われ始めるのは、皮下脂肪などの脂肪組織が分解された分ということになります。ですから、ダイエットとして有酸素運動を行うのであれば、確かに20分から30分以上やったほうがいい。ただ、筋肉中の脂肪が使われると、減った分を皮下脂肪などで補おうとしますので、必ずしも20分以上運動をしないと効果がないわけではありません。もう少し短い時間でも、長い目で見れば効果は表れます。また、運動開始から10分ほどで交感神経のレベルが上がり、脂肪の分解も始まります。そのタイミングで一度運動をやめ、10分以上ほどで交感神経のレベルが上がり、脂肪の分解も始まります。そのタイミングで一度運動をやめ、10分以上休憩してまた再開したとすると、分解の働きはゼロにはリセットされていません。<10分運動、10分休憩、10分運動、というやり方でも、20分運動するのとほとんど同じ効果になります。インターバルを取りすぎたら意味がなくなりますが、有酸素運動の分割は可能です。

日本人の粘り強さの源

広くたくましい肩幅にしまった腹部。夏になると、多くの男性が目指したくなるのが、そうした逆三角形の体型である。しかしこの逆三角形、かっての日本では犬腹とさげすまれ嘲笑われる体型だったことをご存じだろうか。<肩が下がり、丹田といわれる下腹部が充実した体、というのが勝手の日本の男性のあるべき姿でした。また当時の日本人は武士も農民も、ひざを伸ばすということがなく、常に膝を少し曲げ、重心を下にして過ごしていました。そうした体型を基にした、体のこなし方こそが、かっての日本人特有の持久力や粘り強さの源だったのです。幕末に日本にやってきた外国人たちはみんな、車引きのスタミナや農民のタフさに驚嘆していたといいますから。剣道や柔道、空手という日本発の競技スポーツは、今では世界的に親しまれているが、もともとは”武術”という武士たちのサバイバルのための術である。今やスポーツ化した日本古来の武道だが、その原点にある武術の観点からみれば、日本人男性の理想の体型は、なで肩で、下腹部がどっしりした体型である。攻撃と防御、持久力と瞬発力のいずれにも長けた能力を秘めた体は、筋骨隆々たる逆三角形ボディではないというわけだ。かっての日本では”体を作る”ということは、すなわち心も作るということでした。武士は時に臨んで狼狽しないようにするために武術を稽古したのですが、それは不測の事態に遭遇しても、自在に対応できるようにするためで、そこでは肩が抜けていることが重要でした。そのために、腹に力を集約させることが必須でした。それ故、下腹部が発達し、そしてそれにより心も動揺しなくなっていったのです。

カワラケツメイ

日当たりのいい草野、荒地、堤防などに群生している一年草である。茎は細い割にかたい毛があり、高さ30センチ内外あって斜めに立っている。葉は偶数羽状複葉で、小刀の形をしたたくさんの小さな葉からなっていて、互生している。夏に葉腋に黄色い有梗の花をつける。花後扁平で長さ3センチぐらいの実をつける。カワラケツメイは河原に生えている決明(けつめい),すなわちヱビスグサの類なので、この名がある。また俗に弘法茶ともいうが、これは弘法大師が茶の代わりに飲んでいたという伝説からきており、そのほかにもたくさんの名前がある。漢名の山扁豆はこの植物にあたっていない。夏から秋に全草を採集して、適当に長さに切って湿らないように紙袋に入れて貯蔵する。これを茶の代わりに飲んでいる土肥町に聞く。便秘も治り、消化不良にもよく、腎臓病、浮腫、腸満、黄疸にも効果がある。ヤニ目、渋り目、疲れ目などには濃く煎じてその汁で洗えばまた罨法するのもよい。カワラケツメイに似た草に草ネムがある。これはカワラケツメイのように乾燥したところには会えない草で湿地または田んぼのあぜなどに生えている一年草である。この草もカワラケツメイと同じ効果がある。永平寺町松岡小畑(昔の吉野地区)の元校長先生をしていた北川先生宅の道路際に咲いていた。ケツメイシとははぶちゃにするヱビス草の漢名で、熟した実のこと。

菊と刀 2、 by ルースベネディクト

これは大変厄介な問題だった。世界のどの国民のことを説明する上でも、<しかし、彼らにはこんな側面もあるよ>という言い方がなされてきた。しかし日本が鎖国を解いても以来75年の間に、日本人に対してこの言い方が使われてきた日数は最も膨大な数に上る。日本人以外の国民を真剣に観察し、彼らの特質について語ろうとする時、彼らが礼儀正しさにかけては比類がないと言っておきながら、、でも彼らには傲慢で横柄なところもあるよ>といい足すなどあまり考えられない。

菊と刀 1、by ルースベネディクト

合衆国がこれまで総力を挙げて戦ってきた敵の中では、日本はいちばん異質な相手だった。大国を敵に回したほかの戦争において、行動や思考におけるこれほど極端な慣習の違いを、我が国は計算に入れる必要がなかったのだ。帝政ロシアは1905年、私たちより先にこの日本とたたかったが、我が国もまた、西洋文化の伝統に属さない、十分に軍備を備え、訓練を積んだこの国と、交戦状態にあったのである。西洋諸国が人間の本性から見て当然のこととして受け入れるに至った戦争の慣習が、日本人の念頭には存在しないことは明らかだった。そのために、太平洋における戦争は、単に島々のビーチに次々と上陸すればいいというものでもなくなった。それどころか、西洋式の戦争の習慣が日本人の念頭に存在しなかったために、敵の戦い方そのものが敵の本性を知るうえで一番重要な研究課題になってしまったのである。私たちは、日本兵たちの行動に有効に対処するためにその行動自体を理解しなければならなかったのだ。