SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

スウィンギングロンドンと永平寺とポールマッカートニーのつながり

1963年,ビートルズがロンドンに移り住んだ頃(夏の間はプレジデントホテルに滞在し、その後、ハイドパークの近くのアパートで共同生活した)、社会に大きな変化の波が押し寄せていた。マクミランが予想した通りでも、ウイルソンが約束した通りでもなかったかもしれないが、変化の風は確実に吹いていた。その代わりに、様々なスキャンダルが発覚し、政治が腐敗し始めていた。だが、教育制度が大きく変わったり、イギリスの古い階級制度の壁が取り壊されたりと、よい兆しも見え始めていた。ロンドンも変わりつつあった。スモッグやほこりおおわれた50年代ロンドンの陰気な暮らしは、サイケデリック文化の勃興によって一掃され、<スウィンギングロンドン>が姿を現したのである。こうした変化は、ビートルズにも大きな影響を与えた。彼らはロンドンで新たにさまざまな人に出会い、私生活や創作活動に大きな刺激を受けたのだ。ロイヤルアルバートホールのBBCのライブ録音で、ポールマッカートニーは17歳の女優ジェーンアッシャーに出会い、恋人同士になった。ジェーンアッシャーは子役のころから有名で、のちに俳優のマイケルケインとともに映画<アルフィー>(1966)に出演したり、イエジースコリモフスキ監督の<早春>(1970年)に出演したりした。また、ジェーンとの出会いがきっかけで、ポールはアッシャー家で暮らすようになり、バリーマイルズやインディカギャラリー&ブックショップを通してロンドンのカウンターカルチャーと接点を持つことになった。このインディカギャラリーにあの1959年、アメリカのエレクトラレコードから出てた<the way of永平寺>の2枚組のLPレコードがあったのだ。アレンギンズバーグやジョンケアロックに代表されるアメリカのカウンターカルチャー、ヒッピーに影響を与えた金沢出身の鈴木大拙のおかげで、この永平寺のレコードは出されたと思うのだが、音楽的というよりもパーカッシブで、実に体に非常に強い<禅>の波動を感じる。ポールを通じてジョンレノンもこのレコードにひかれたと思うのだが、当時日本の前衛音楽家の一人は、グレゴリアン聖歌隊とこの永平寺のレコードを同時にかけてre-mixして、まるでDJのように楽しんでいる人がいた。実はポールもこの永平寺のレコードに関心があったと思われるのは、当時彼はカールハインツ、シュットクハウゼンの音楽を勉強していたのだ。1966年サージェントペッパーのLPを出す前、<ユニットデルタプラス>というアバンギャルドのグループの<ミリオンボルトシートアンドサウンドレイブ>という(100万ボルトの光と音のパーティ)に参加した。そこでポールマッカートニーは実験的電子音楽<カーニバルオブライト>は15分にわたってサウンドエフェクトをプレイした。ポールの彼女のジェーンアッシャーの兄、ピーターアッシャーと友人のジョンダンバー(マリアンヌフェイスフルと結婚したばかりの)と手を組んで、マイルズアッシャーアンドダンバー有限会社(MAD)を設立、ロンドンのセントジェームズ地区のメイソンズヤード6番地に、1965年9月、そこにインディカワークショップ&ギャラリーをオープンした。このとき、妹のジェーンの家に間借りしていたポールマッカートニーは、度々、地下室にやってきてエドサンダーズの<peace eye poems>(平和の目の詩集)や<ガンジーの非暴力主義>など様々な本を読んだ。こうして地下室に頻繁に出入りしていたポールはバリーマイルズと友情をはぐくんでいき、マイルズはポールにバロウズやギンズバーグの作品を紹介し、仏教やドラッグやフランス人の作家のアルフレッドジャリが作った造語<パタフィジックス>(形状上学の領域を超えたところにあるものを研究するために使われる哲学)について話し合った。ポールはインディカクラブのオープンに向けて手を貸した。1966年9月にジミヘンドリックスが最初のソロライブをメイソンズヤードとナイトクラブでプレイし、そして1966年11月14日このインディカクラブでワークショップをやっていた小野ヨーコとジョンレノンは出会うのであった。そして小野ヨーコの<グレープフルーツ>の詩集の中にジョンレノンが作ったとされる<イマジン>のオリジナルの歌詞がインスパイアード(影響を受けた)とされたのがこの<グレープフルーツ>のあるということで、アメリカで今年2017年、<イマジン>はジョンレノンと小野ヨーコの共作であると認められたのであった。

読むだけで心が楽になる22の言葉by本田健

1、ああ、心配して損した!と言ってみる。2、何をやってもダメなときは、人生で3度ある。3、あなたに苦痛をもたらすのは、あなたの思いだけ。4、マイナスのことも、将来はいい思い出になる。5、思いどうりにいかないときのほうが、幸せになれる。6、苦しいときは、誰かに助けてもらうチャンス。7.期待する分だけ、苦しくなる。8、悲しみの涙は、あなたの情熱をよみがえらせる。9、自分よりもっと苦しい人の幸せを願う。10、わくわくと不安は、同時に感じられない。11、人の数だけ、人生の真実がある。12、傷つくなら、それは愛ではない。13,1つのドアが閉まれば、別のドアが開く。14、不幸の中に幸せがあり、幸せの中に不幸がある。15、ポジティブ思考をやめると、幸せになれる。16、運がよくなりたいと願ったら、運が悪くなる。17、不運が続くときは、運の充電期間。18、よい、悪いの判断を手放せば、人生はもっと楽になる。19、ハッピーエンドは自分で作り出すもの。20、あなたは、これからの人生で何度も失敗する。21、人間は、負けたら終わりなのではない、やめたら終わりなのだ。22、未来は、選べる!今、世界が大きく動いています。今までどうりの生き方では通用しない変化の時代に入りました。変化することに躊躇する人にとっては苦しい時代になりました。変化を楽しむ心の余裕のある人にとっては、わくわくする時代になりました。これからはお金、仕事、パートナーシップ、健康などあらゆる分野で感情が大きく揺さぶられることになります。その大きなゆさぶりの中で、人は自分の人生を作り上げていくことになります。八方ふさがりの感じがして、絶望することもあるでしょう。でもその時にはあなたのことを大切に思う人のことを思い出してください。きっと誰かがあなたのことを見守っています。これからいろいろなことが変わったとしても、人の絆は変わりません。あなたがつながっている人たちとの絆を大切にしてください。それが、あなたの人生のすべてです。これから、あなたが、自分らしく輝く最高の人生をスタートさせることを、心からお祈りしています。

魅力を感じるとき

誰かに魅力を感じるときには私たちに何が起こっているのだろうか?どうしてあるタイプにひきつけられて他はそうでもないのか、どうして誰かに決めるのか、こうしたことについて科学者たちはようやく理解し始めたばかりである_どうやらホルモンの仕業であるようだ。性的魅力が生じるとき、ホルモンが恋愛感情を増加するのに重要な役割を果たす。脳内のドーパミンの量が増し、おなじみの喜びの増加をもたらす。アドレナリンへ変換される化学物質が放出され、口は乾き、手のひらに汗をかく。さらに瞳孔が拡大し、あなたの欲望を相手に知らせることであなたをさらに魅力的にする。セロトニンの値が変化し、それが性的な欲望に満ちた考えをもたらすと考えられる。魅力を感じる人を見ると、たちまちのうちに前頭前野腹内側と呼ばれる脳の領域が活性し、デントの可能性を分析する。テストステロンが男女ともに放出され、性的な欲望を刺激する。性的魅力は顔の左右を示すからである。同じような趣味などの手掛かりは長期間うまくやっていけるかをはっきりさせる。赤い色は男女双方に情熱を燃え立たせる。しばらくたつと、関係は変化し、別の一揃いのホルモンが重要となる。オキシトシンはセックスの後に放出され、信頼と絆の感情を増し、関係を確立させるのに役立つ。二人の人物が非常に多くの時間を共に過ごす時に放出され、単婚制を促進する。魅力が増すにつれ心拍数が上がるため、好意と恐れの気持ちを混同し、恐怖映画を重要な最初のデートに選ぶかもしれない。長く視線を合わせることで二人の間の磁力は増す。多くの動物で、メスが繁殖可能な時間は、体に明るい色の腫れた部分ができたり、尿内に含まれるフェロモンなどの目立つしるしで明らかになる。人の場合、排卵期はそれほど明確ではない。またなぜそのように進化してきたのか不明である。それにもかかわらず、気があるふりをする。魅力的に聞かざるなど、女性には受精能力をし示す巧みな方法がある。男性にはこうしたシグナルを無意識のうちにとらえることができるようだ。ある研究結果によれば男性は排卵期の女性のにおいに反応したときのほうが、より多くのテストステロンを放出する。

どうにもとまらないby山本リンダ(1972)

1972(昭和47)年5月15日、戦後27年間、アメリカ統治下にあった沖縄の施政権が、日本に返還された。間もなく田中角栄が宰相となる。田中は高速道路や新幹線で日本をネットワーク化する<日本列島改造論>を発表した。電化事業も火力から原子力への大幅転換を提言。その政策網領を記した<日本列島改造論>はベストセラーとなった。このころ、巷で流行したのが、山本リンダが妖艶なスタイルで踊り歌う<どうにもとならない>だった。60年代<困っちゃうナ>で一躍ティーンのアイドルとなった山本リンダを、セクシーな大人の歌手にイメージさせるべく、作詞家の阿久悠と作曲家の都倉俊一が仕掛け、大ヒットした。ピンクレディーにつながる大胆なボディーアクションの振り付けで、先駆けとなった。角栄の<日本列島改造論>により、地方の地価が高騰して、株価も暴騰した。前年のドルショックから一転、新聞は地価や株価について<どうにも止まらない>と書き立てた。これ以降、阿久、都倉コンビが次々と生み出す、山本リンダの<くるわせたいの><狙い撃ち><燃えつきそう><ぎらぎら燃えて>などの曲名が、株価の動向を示すフレーズとして、新聞の見出しを飾った。石油ショックの時には<燃えつきそう>がヒットして、阿久は<これはもうブラックジョークである>と語っている。このころ小学生だったさくらももこ原作のアニメ<ちびまる子ちゃん>を見ていると山本リンダブームがいかにすごかったかわかる。この歌を日本中の小学生の女の子が歌い、振り付けをまねた。歌謡曲が社会現象になる、その先駆けとなった曲だった。漠然と日本人の奥底にある心情を一言で言葉で表し歌に託す。これは非常に心をわしづかみにするインパクトのある手法だ。

ウイチタラインマンbyグレンキャンベル(1968)

果てまで続くアメリカのハイウェイが熱で、陽炎のように溶けだし、時折吹き抜けるそよ風さえも実感させ、リアルな幻想の中に泳ぎで祟った3分間のドーナッツ版でそんな体験ができるレコードだ。ジムウエッブが、故郷のオクラホマ南部の道で作業をする電話線工事夫を見て、その孤独に思いをはせて作った曲。やばいとしか言いようのない幻想的なストリングスには電話信号を思わせる音まで入っている。詞は危険と裏腹な男のガテン仕事の姿に、遠く合うことができない女性の思いが重ねられ、まさに男のロマン。テンポはbpm=86とバラードだが、キャロルケイ(有名な女性セッションベーシスト)以下のれっきんクルー(伝説のセッションミュージシャン集団、グレンキャンベルもそのうちの一人)がしっかりとグルーブをたたき出しており、ロック少年もだらけない。影を含んでなお、おおらかなグレンのヴォーカルがうますぎる。高校1年生だった僕も眠れない暑い夜、遠くから聞こえるニッポン放送の深夜番組<オールナイトニッポン>で、買う汁図、ママすあんどっぱっパス、フィフスディメンション、ナンシーシナトラのポップスの中でもジムウエッブの描いたこの局に非常に心地よいアメリカのハゼの波動感じていた。聞くたびに色は薄れていない。まるで当時に連れ戻されるようなタイムマシーンのような感じだ。