SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

平安時代

平城京を離れ784年に長岡京へ、そして十年足らずで、新都を捨てて、794年に平安京へ遷都するところから、約400年の長さにわたる平安時代がスタートする。天災や疫病、戦乱といった災厄に脅かされた、決して<平安>とは言えない、だからこそ天皇から貴族まで、深く仏教に帰依し、救いを願った時代だった。平安時代を大きく前後期に分けるなら、前期は奈良時代を受け継いだ中国化の時代であり、後期は中国文化を咀嚼しつつも、自国の文化や過去の歴史に目を向け、後世の規範となる王朝文化を花開かせた時代といえるだろう。平安京は街区を碁盤の目状に配置した都で、東西4,5キロメートル、南北5,3キロメートル。皇居や官庁で構成される大内裏(だいだいり)は中央北端を占め、南北を縦断する朱雀大路(すざくおうじ)が都を右京と左京に二分していた。<都>とはいっても、その中に多くの田んぼや荒れ地を抱え、西側の右京は、平安時代前期には衰退してしまう。桓武天皇は政治的な<抵抗勢力>となっていた七大寺(興福寺、薬師寺、東大寺、西大寺、元興寺、大安寺、唐招提寺)が平安京へ移転するのを許さなかった。代わりに新たな国家鎮護を担う寺として建てたのが、東寺と西寺だ。清新な教えを求めた桓武天皇、そして嵯峨天皇の要請に応えたのは、中国で新しい教学を学んだ空海、最澄だった。空海は、転生を繰り返した未来ではなく、現在の好みのまま悟りに至れる【=即身成仏】と説いた。その心理は、時に図像の形を、時に真言の形をとる。そこで真理と一体化(=成仏)するため、絵や仏像、法具など豊かなイマジネーションを喚起するための道具が次々と密教の中に取り入れられたのだ。彫刻中心だった仏教美術は、密教以降曼荼羅、祖師像など、絵画が重要な位置を占めるようになる。一方の最澄は、法華経を中心とする天台数学を柱に、禅や念仏、戒、密教までを含む総合的な仏教の体系を構想した。だが、密教に関しては、中国人僧、恵果(けいか)から奥義を伝授された空海には及ばない。そこで当初、最澄は空海に法の伝授を頼み、空海もこれに快く答えたが、やがて断絶してしまう。一方、仏像は一つの木から体の中心部分を削りだした木彫仏が主流になっていった。これは奈良時代後期から増えた都市の寺を出て、山で修行する僧侶たちが、山中の滝や深い森などに触発され、仏像の素材として、それ自体が霊性を感じさせる木を選ぶようになったからで、ある種の神仏習合的な感覚が働いていたのではないかともいわれる。またこうした仏像を彫る仏師たちの手で、従来目に見えないとされてきた日本の神々も、人の姿として像に表わされるようになっていく。

日本の精神的風土病

明治期に行われた調査では、七割強の日本人が<虫の知らせ>をはじめとした霊体験、神秘体験を有しているとの結果が出ている。調査を行ったアメリカの研究者は、その割合に驚愕し、これを日本の精神的風土病と判断した。ずいぶん失礼な話だが、この割合は1980年代に行われた再調査でも変わらなかった。多分、平成の分も大した違いはないのではないかと、私は思う。一方、80年代のアメリカでは成人人口の20パーセントが何らかの神秘体験を経験しているというデーターが出ている。安易な比較は危険だが、両者を単純に比べた場合、確かに日本人の心霊現象遭遇率は、先進国では突出している。最先端技術の中に身を置きつつも、心が変わらないのならーそして、その心によって、時代ごとに百物語や陰陽師、妖怪ブームが興隆し、それらを我々が享受するなら、これはもう、病気ではない。日本の一つの文化だろう。ならば、その文化の核にある霊魂というものの存在と、それらにかかわる人の作法を、一日本人として、理解してみたい。

思う力 by 赤木明登

海岸に流れ着いた流木や河原の石ころ。そんなものにどうしても見惚れてしまって、一度手に取ると離しがたくなる。僕もこの石っころのように静かで美しいものを作りたいと思う。だけど悲しいことに僕の作り出したものはどこまでも人工のものでしかない。流れる雲、葉っぱ、雷、降りしきる雪、一匹の虫、立ち枯れた木、砂の一粒から満天の星まで、なぜ自然の全てはこんなにも美しいのだろう。そこには命があるから。命があるということは、バラバラではないということはすべてがつながっているということ。今日咲いた花、土の中のミミズ、宇宙にある太陽その一つ一つ、そして生とという時間、すべてが連続している。この世で唯一つながっていないものは、人間がこの百年くらいで作り出したもの。だから人間はすごいのかもしれない。しかしそのバラバラさはエスカレートするばかり。だから醜い。いまだに手で物を作っている人たちでさえ、他と違った何か新しいというへんてこりんで醜いものを作り出そうと馬鹿な努力をしている。もう人間は、自然の懐に抱かれては生きていけないように自然にあるものと同じ物を人間が作り出すことはできない。だが、人間に唯一与えられた能力がある。思う力だ。そして思いは必ず実現する。私たちは、長い間自然に美しさを感じ、それを自分が作るものの中に写し取ろうとしてきた。まだ人間が宇宙や自然としっかりとつながっていた時代には、人間が作った道具もちゃんとつながっていた。そんな道具は、今でも美しい。僕にはもうバラバラになってしまって宇宙とも自然ともつながっていないけれども、まだ何が美しいかぐらいははっきりわかる。それを思う力もちゃんとある。僕は今、心から美しいものを作りたいと思う。人が見ている物、人が毎日使っている物は、人を幸せにできると信じている。バラバラになった僕が美しい物と出会い、癒されたように。生きているすべてのものは、流れ去り、失われ、消えていきます。誰もその大きな力を食い止めることはできません。それが手の中にあるのも、目に映るのもわずかな一瞬のことです。だからこそ、息を止めて、立ち尽くすように、見続けたいと思う。そのかけがいのないものを。

1100年間も白布に包まれていた法隆寺救世観音

飛鳥時代の秘仏中の秘仏であり、昔から聖徳太子の等身像として知られている<救世観音>像はまさに我々に、聖徳太子の面影と聖徳太子がいかに神として崇められていたかを教えています。聖徳太子像は、神道の皇祖霊信仰そのものの像とも言えます。これが仏教の<菩薩>像とされています。そのことは、天平宝字5【761】年の記録に、これが、<上宮王(聖徳太子)等身観世音菩薩像)と書かれていることからもわかります。行信僧都(ぎょうしんそうず)が、天平時代に、聖徳太子の偉業を讃えて、夢殿を立てたとき<救世観音>像を厨子(ずし)の中に安置したと考えられます。それ以後、あたかも棺の中の死体のごとく白布に包まれたまま、長らく夢殿に眠っていた像だったのです。このことから、いかに当時の人々の太子の遺徳に対する感情が強く根付いていたかがわかります。ちょうど、前方後円墳と呼ばれる墳墓の中の棺に横たわる死体が、古墳時代から神として崇められてきたことによく似ているといえるでしょう。つまり、日本人は死んだ後、すべて神となり御霊(みたま)になるというもともとの神道の信仰があるわけです。その例は後の菅原道真が天神様となって、福岡県の太宰府天満宮に祀られることに示されています。しかし聖徳太子の場合は仏教に帰依したという意味で、観音菩薩像でなければなりませんでした。つまり<救世菩薩>はあくまで神仏習合の形をとっている像というべきなのです。明治17【1884】年、米国のお雇い教師として来日していた学者のフェノロサが、岡倉天心らとともに、像を幾重にも覆っていた白布を取り除き、見事な<救世観音>を自白のもとに引き出しました。この時、法隆寺の僧たちは、これによって、たたりを受け、大地震でも起こるに違いないと思って逃げ出したという話まで残されています。その時の二人の学者の感激は、大変なものであったことは想像できます。彼らは彫刻として、芸術作品としての素晴らしさを発見しました。<救世観音>像に、神道、仏教、そして<西洋近代>と日本が経験した精神的な営みを見ることができるからです。

サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンドに秘められたサウンド

1967年、刺激に満ちたピアノのコードが、ビートルズの<サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンド>のエンドを飾る曲<ア・デイ・イン・ザ・ライフ>の最後で鳴り響いた時、ポップミュージックは一瞬にして成年に達し、サイケデリックの輪郭を耳で確認できるようになった。しかし、この最後のコードでアルバムが終わりというわけではなかった。その後、純粋なアンビエントサウンドが、約45秒間続いた。響き渡るピアノの音がゆっくりと静寂へと溶け込んでゆくのを、マイクが録音していたからだ。それから楽しげでアバンギャルドなサウンドコラージュが、最新式自動式トーンアームを備えていなかったターンテーブルで再生されたLPから突然飛び出す。こうした思いがけない残響音、ポップミュージックの最も魅惑的な”手紙”の一つに添えられた追伸は、実験的ポップミュージックの青い導火紙に火をつけた。そして人間の耳には聞こえない、犬や猫には聞こえる高周波音が録音されている。チャックベリー、エルビスプレスリー、バディホリー、エディコクラン、、、ビートルズを形作ったこれらのアーティストとその曲の数々はよく知られている。一方で彼らをこうした新しい未開発の水域へ導いたアバンギャルドで実験的なアーティストについては、それほどには知られてはいない。ドイツ人作曲家のカールハインツ、シュットクハウゼンとアメリカ人作曲家のジョンケージが投げかけた影は確かに大きく、ポールマッカートニー及び現代の音楽全般に与えた影響は巨大なものだ。しかし、それは全体図から見ればごく一部にすぎない。シュットクハウゼンやケージといったアバンギャルド作曲家についてはポールは人から教えてもらったのであって、実際に会って話を交わしたりしたわけではなかった。彼が実際に出会った人々は、彼の聴覚的な視野を拡大させるにあたって、大きな役割を果たした。その点でジョージ、マーティン(プロデューサー)が与えた影響の大きさには計り知れないものがある。それはよく知られるクラッシックに関する影響ばかりでなく、あまり知られていないが(マーティンがレイ・カソードという変名で試みた)突飛な電子的な実験によるものもある。マックス、マシューズ、コーネリアス、カデュー、ルチアーノ、べリオなどは、ポールと多少ながら付き合いのあった最先端の実験的作曲家たちであり、彼らが与えた影響は、デヴィッドアレンやデライアダーヴィシャーなど実際に会って会話を交わした人々と同程度のものであった。これらをはじめとした影響源は1960年半ばのポールに衝撃を与え、彼らなりの実験音楽という形をとって、以降40年にわたってゆっくりと着実に溢れ出してきた。その初期の成果ーポールとビートルズによるアヴァンギャルドな実験ーは、レコード盤に刻まれた瞬間からずっと、熱心な分析の対象となってきた。<トゥモローネバーノーズ(ポールによるテープループのシンフォニーを含む),<レボルーション9>【前者に対するレノンの回答】、それに<アデイインザライフ>のフリーフォームのオーケストラによる輝きなどが、その主な例だ。