SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

王政復古の大号令

大政奉還後も、政局における徳川慶喜の存在は変わらず大きなものでした。政権、返上を受けた朝廷は、新しい政治の枠組みや決まりを作ることができず、慶喜にとよらざるを得ない状況だったからです。この状況を打開するため、岩倉具視、大久保利通を中心とした討幕派の面々武力を背景t得朝廷、幕府の首脳を排除し、新しい体制を作ることを画策しました。慶応3(1867)年12月9日にクーデターは実行に移されました。朝廷ではそれまでの中心的な役職であった摂生、関白が廃止されました。また慶喜が申し出ていた将軍職辞任が認められ幕府も廃止となりました。そして総裁、議定、参与からなる新しい政府が成立したのです。福井藩からは松平春嶽が議定、中根雪江、酒井十之丞、毛受(めんじゅ)鹿之助が参与となりました。その新政府首脳による初めての会議が<小御所会議>です。<小御所会議之図>の中には激論を戦わす岩倉と山内容堂が描かれています。また大久保と春嶽が議論に加わる様子も見えます。小御所会議の議題は慶喜の処置でした。慶喜の官職と領地をはく奪する<辞官納地>の是非が問われたのです。まず容堂が発言します。慶喜が会議に参加していないことを問題視し、<二、三の公卿(くきょう)が幼い天子(明治天皇、当時16歳9)を擁して陰謀を企てているのではないか>と述べますが、これには岩倉が<英明なる天皇の御前で、幼い天子とは無礼であるぞ>と反論します。春嶽は容堂の発言を受けて<徳川氏200年の功績は、近年の失敗に勝ります。容堂の発言を入れられますように>と発言しますが、岩倉には大久保が加勢し、なかなか決着がつきません。しかし、休憩を挟んで岩倉に同意する意見が増え、慶喜に辞官納地を求めることに決したのでした。慶喜の命運はここで尽きたわけではなく、慶応4年1月3日の鳥羽伏見の戦いを迎えるまで復権の可能性は残っていました。しかしここで260年以上続いた江戸幕府は、終焉を迎えたのです。幕府に別れを告げた先には、明治という新しい時代の夜明けが待っていました。

青花魚 by  秋刀魚

ここは日本で一番幸せな街。台湾と日本の二つの雑誌が手を組み、新しい旅のスタイルを提案しました。観光でもなく、移住でもなく、私たちは福井に<微住>中。一期一会以上の関係を作れる目安の2週間でこの本が作られたようです。福井は全国でも訪日外国人旅行者数はワースト1の町。単発的な観光の関係ではなく、細くても長く続く微住の関係性こそ、特に福井のような街にはぴったり。紹介されているお店です。くりやま、今川焼本舗、勝木書店、古書好文堂、8番拉麺、王朝喫茶寛山、恐龍博物館、旭屋、ヨーロッパ軒、ふくしん、くら、三吉屋本店、くるくる寿司、ほがらか亭、團助、ときわ三番店、トックリ軒、米五のみそ、岩野市兵衛、眼鏡博物館、毛谷黒龍神社、篠座神社、岡太神社、大瀧神社、永平寺、照恩寺住持朝倉行宣(テクノ)、善導寺副住持大門哲爾(フォーク)、御誕生寺、笏谷石、田辺酒造、越前ガニ成前、一乗谷朝倉氏遺跡、錦梅堂、ふくチャリ、喜ね舎、愛菜館、養浩館庭園、芦原温泉べにや、(看板息子に感激)、あわら温泉芦湯、Name come Ono,魚屋大亀屋、七門朝市、魚志楼、東尋坊、開花亭、浜町日々、佐々木家、秋吉、コシヒカリ、セブンイレブン、、、vol,2を出してほしい。

気の遠くなるような長い年月をかけた成熟

天地(あめつち)の共に久しく言い継げと此の奇魂(くしみたま)敷(し)かしけらしも(万葉集巻5の814番、作者不明)天地と共に永久に語り継ぐようにと、この霊妙な御魂(たま)は、この地を統治なさるのだろう。昔、神功皇后というすぐれたお后が不思議な石を袖につけて戦争にのぞんだところ、勝利したという伝説があります。この石はいつか巨石に成長し、今もなお福岡県にあります。八世紀に生きた作者もお后が考えて、石をこの地に置いたのだろうと、考えたのです。さてさて、袖につけられるほどの小石が巨石になるとは、そうそう考えられませんが、みなさんは<小石が大きな岩となり、苔が生えるまで成長する>という日本の国家をご存知ですね。常識では考えられない、永遠の時間が、この世にも存在するのでしょうか。いえ、祈りの中には、確かに実存します。本当かどうかを考えるのも大事ですが、気の遠くなるような長い年月をかけた成熟を信じた、古代人の心を思うことも大切です。