SHOP BLOGアソビねっブログ

エリザベス洋装店のブログ

スギナ活用法

スギナは煎じて飲むだけでも、様々な症状に効きますが,外用すると相乗効果が素晴らしいようです。結石や膀胱炎の激しい痛み、肝臓病、腎臓病、悪性腫瘍などには煎じ汁を浸した温布やスギナを蒸した温湿布がよいでしょう。生の葉をすりつぶしてドロドロにしたものを、かゆみのある部分やただれた傷、腫瘍などのある患部に貼ってもよく、痔の止血剤やアトピーのかゆみ止めにも試してください。婦人科系統のの弱い人や虚弱体質の人にはスギナの腰湯がおすすめです。100グラムのスギナを一晩水につけてから煮だし、その液を浴槽に加えます。腎臓のある腰までつかり、20~30分、慢性病にもよく効くそうです。かけ湯はしないでタオルでふくだけにし、そのあと1時間、布団にくるまって温まるとより効果が高まります。最後にお茶として飲むだけでなく、毎日の食卓に手軽にスギナを利用する方法を、、、。乾燥スギナの粉末を作り置きし、これを振り掛けてハーブのように料理に用いたり、餃子の皮や手打ちうどん、パン生地に混ぜてみてはいかがでしょうか。色々にアレンジして、楽しくヘルシーな食卓を心がけましょう。

驚くべきミネラルの含有量のスギナ

スギナの有効成分は、まだまだたくさんあります。サポニンの一種、エキセトニンはのどの粘膜にやさしく働いて喉を鎮めタンを取り除いてくれますし、βーシトステロールはかゆみを抑え、アトピーや皮膚病によく効くと評判です。実はスギナは、昔、漆かぶれの特効薬としても有名だったのです。毛細血管を強くするフラボン類や抗酸化作用のあるフラボノイドも含んでいます。嬉しいことにスギナには薬の力を高める働きがあるので副作用の心配のなく、一般薬と併用できます。特筆すべきは、ミネラルの含有量でしょう。土壌のミネラル分析で有名な九州の中嶋常充(とどむ)先生の分析によれば、スギナに含まれるミネラル成分値は驚異的かつ素晴らしいバランスで含まれていることがわかっています。たとえばカルシュームはホウレン草のなんと155倍!そのカルシュームを有効に生かし、脳にも良い働きを及ぼすマグネシュームや生殖ホルモンと味覚をつかさどる亜鉛、造血作用のある鉄も、野菜と比べて桁違いの数値です。現代人に不足しているといわれるこれらの豊富なミネラルとビタミン類が、難病に立ち向かう免疫機能を強力にしてくれるのでしょう。また、スギナは繊維質もたっぷり含まれていて便秘の解消もしてくれます。

<スギナ>に入っているケイ素の優れた働き

スギナは赤茶けた荒れ地に好んで生え、その繁殖力には目をを見張るものがあります。どこまでも地下茎を伸ばし、大地の栄養をぐんぐん吸収して、辺り一面をスギナの群生地に変えてしまいますが、除草剤にも負けない生命力には、脱帽です。このしたたかなパワーに、命を活性化させる秘密があるようです。スギナを粉末にすると、キラキラしたものが見えます。これをケイ素といい、素晴らしい働きをしてくれるのですが、スギナには何とこのケイ酸が3~16%も含まれています。細胞から酸素を奪い、代謝を悪くするものに水素イオンがありますが、この水素イオンを捕まえて身体の外に出してくれるのがケイ酸に含まれるケイ素です。これで細胞がよみがえり、体の隅々まで血が通いだします。さらに水素イオンを捕まえたケイ素は、腎臓で水分が再吸収されるのを防ぐ働きもしますので、利尿効果が抜群。水分代謝がよくなってむくみが取れ、腎臓や膀胱炎、肋膜炎を予防し、肝臓への負担も軽くしてくれます。また鉄の利用を高めて赤血球を増やしたり、血管の壁にへばりついているコレステロールを溶かして血管を広げたり(血圧が下がる)、骨や血管壁を強化して骨粗鬆症や虫歯、動脈硬化を防ぎ、傷の直りを早める効果もあります。

ヨーロッパでは昔から病気の特効薬<スギナ>

スギナはもともと、ヨーロッパで薬として用いられていた雑草です。江戸時代にオランダから伝わった薬学書の翻訳本<和蘭薬鏡>(おらんだやっきょう)の中にも<内外諸部の潰瘍や糖尿病に用いる>とあり、スギナは古くから糖尿病、肝臓病などに効くことがわかっていました。ドイツのセバスチャンクナイプ神父(1821~1897)は科学的な知識に基づいて植物療法を始めた人ですが、このクナイプ療法にもスギナの効用がうたわれ、<出血、膀胱、腎臓結石、カリエス、ガン、リューマチに効く><悪いものを洗い流し、溶かし、傷んだところを取り除く>働きがあるとしています。クナイプ療法は現在、健康保険の適用も受けられるなどドイツではポピュラーな療法になっています。オーストリアの生物学者、リヒャルトヴィルフォートも、スギナをお茶にして長く飲んでいるとケイ素の働きで細胞が活性化され、ガンの成長を抑え、ついに癌が細胞を崩してしまうことを発表しています。

生活習慣病に抜群のパワー<スギナ>

日本では今や、死亡する人の3人に1人がガンといわれ、糖尿病や動脈硬化などの成人病も深刻です。そんな中、期待が寄せられているのが植物療法です。中でもスギナの効果は抜群といわれ、スギナで症状が改善した例も、たくさん聞きます。スギナに潜むパワーの秘密と、様々な利用方法をご紹介しましょう。