SHOP BLOGアソビねっブログ

ふくい工芸舎のブログ

秋色をさがす 柳瀬和之作陶展 9/4終了

秋色をさがす 柳瀬和之作陶展 9/4で終了致しました。
最終日には台風が接近し
雨がぱらつく天気となってしまいましたが、
会期中、お越し頂いたお客様には感謝いたします。




柳瀬さんの器はとてもシックで、
派手さはないですが、料理を盛ったときに
良さを実感していただける、と思います。
料理を引き立ててくれる器ですから。

しかも、軽いので片付けるときに楽ですよ。
末永く使えますので、大事に使ってください。



会期中は柳瀬さんに土日は在廊していただきました。
お忙しい中、ありがとうございました。



陶芸に対してひたむきで、ますぐな心で向き合っているのだな~と
感じました。

少し、常設用に作品をお預かりいたしましたので、
展示会に来られなかった方も、見ていただけます。




秋色をさがす、とのタイトルとおり、
ほのかに秋の気配漂う展示会でした。
ありがとうございました。

また来年ころ、面白い展示会を思案中。
(できたらいいな~。)

いまさら遅いですが、
柳瀬さんのHP→ www4.ttn.ne.jp/~hoyasa/


ちなみに
ふくい工芸舎HP→www.kougeisha.jp/index.html

9/8(木)からは
チャリティ写真展
「ココロほっこり展」 


秋色をさがす 柳瀬和之作陶展『小鉢』

秋色をさがす 柳瀬和之作陶展 ~9/4(日)まで。

最近小鉢を探している方が多いです。
小鉢などの器は、
その家々で使っている大きさが違いますので、
なかなか、これだ!って思うものが見つからないようです。



白化粧掛け黒小鉢



白釉二重掛け小鉢


目玉小鉢


柳瀬さんの小鉢。
大きさ・形は同じ。
色によって印象が違います。
なので、実際お家で使っているモノと
差ほど大きさも変らないのかも。。
と、思ったりします。
どれも、軽くて使いやすい小鉢ですよ。

秋色をさがす 柳瀬和之作陶展『大鉢・長皿』

秋色をさがす 柳瀬和之作陶展 ~9/4まで。

8月も今日で終りですね。
まだまだ残暑が厳しいですが、
確実に秋は訪れてます。

空の位置が高くなり
赤トンボが飛んでいたり、
夜には虫の声が聞こえるようになり、
店頭には秋刀魚が並んでいたり、
美味しいものも満載な季節の到来ですね。


そんなおいしいものをどーんと、
大鉢に盛って頂きたいですね。



器が変るとますます、料理もおいしく感じますよ。





この長皿には秋刀魚やカツオのたたきを盛り付けたいですね。
想像してみてください。
とても美味しそうだと思いませんか?


今日は、
ザウスマガジン社の方が柳瀬さんに取材したい、
という事で来店してくれました。
1時間ちょっと
柳瀬さんに、器作りのこと、陶芸に進んだきっかけ、
器に対する想いなどを取材されてました。
11月号に掲載されるとの事です。


秋色をさがす 柳瀬和之作陶展 『花』

今日は、作家さん(柳瀬氏)が在廊してくださり、
花器にお花を生けてくださいました。




お花が花器に入ると、もちろん印象は変りますし、
会場も華やかな雰囲気になり、生き生きします。
植物、花の力ってすごいです。



今回の展示会では、お花入れも
いろいろあります。
もちろん気に入った器がございましたら、ご購入できます。

これからお花もいろいろ咲く季節になります。
大好きな花を、お気に入りの花器に生けて
楽しんでいただければ、と思っております。



展示会とは関係ないですが、
少し気になる事が・・・
新栄商店街のコインパーキングの所に
グリーンカーテン(ゴーヤ)があります。
たくさんのゴーヤがなっているのですが、
熟れすぎてオレンジ色に。。
他の実はどうすんだろうって、みんなオレンジ色に・・って
最近気になる事です。


秋色をさがす 柳瀬和之作陶展 『緑釉の器』

今日は、真夏並に暑くなりました。
急に暑さが戻ったので体調管理 気をつけましょう。


只今開催中の展示会、
秋色をさがす 柳瀬和之作陶展は~9/4まで。

今日は緑釉の器をご紹介。
グリーン系の釉薬がかかっており、
使いやすいお色だと思います。
土地肌もいい感じにでております。
シンプルで使いやすく、飽きがこない器です。



緑釉と言っても、作り手によって色味が若干かわります。
柳瀬さんの色は奥深い色味です。




どんなお花の色でも合うので
お花も生けやすいですよ。