SHOP BLOGアソビねっブログ

ふくい工芸舎のブログ

陶器の作品 :青木愛佳  「つづける事、つづけ」てきた事、展 

つづける事、つづけてきた事、展
平成25年4月25日(日)~5月12日(日)
10:00~18:00(最終日17:00まで)   
定休日/火曜日
入場無料
 
 

 

京刺繍、木彫、陶芸それぞれに携わる3人の作家(職人)による 展示会を開催いたします。

3人の共通は作品を作り続けていること、作品を生み出し形作っていることです。

それぞれの作品をお愉しみいただけます。

■出展
京刺繍:岡本浩次 (あわら市在住)
木 彫:鈴木美央 (鯖江市在住)
陶 芸:青木愛佳 
 (越前町在住) ・・・最近引越しされたとの事。





京刺繍の作品は草木染された絹糸を使っています。
豊富な色と見る額度によって色の見え方も変ってくるから不思議です。
 
木彫の作品は木の風合い、木目、質感が柔らかく繊細です。
女性ならではの細やかな作品は、かわいらしく優しいのです。
 
陶芸(陶器)は土味を感じる素朴でぽってりした愛くるしい器です。
思わず手に取りたくなる器です。
 


陶器の器をご紹介。
作り手は青木愛佳さん。
陶芸歴9年、私は勘違いして6年だと思ってました。
つづける事って大切だ~とあらためて感じました。




カップ。
これからの季節、ビールにぴったり。
焼酎にはちょっぴり小さめかも、ですが
これくらいの大きさがちょうどいいんです!!



こちらの小鉢、いろいろ付いてるんです。
クマの親子とか、クルマとか
ヤギ(かな。。)とか。
遊び心満載の器です。

この器で納豆が食べたい♪
まぜやすそうなんですよ。









小皿。
お刺身の時に使う「のぞき」に良い感じです。
ちょっと取って、つまみが出ているので
持って使えそう。
お菓子乗せたり、いろいろ活躍してくれる器です。


青木愛佳さんは、
今年はじめて陶芸祭りに参加されるとの事。
いかれる方は是非 応援してくださいね。








+++
5月は各地でイベント満載ですね。
今週末は金津創作の森でアートフェスタがあるし、
5/25(土)からは陶芸まつり、
GW中もいろんなイベント満載でしたね。
あ~~;;

今週5/11(土)・5/12(日)の2日間、
福井駅前もイベント満載です。
駅前周辺の駐車場も4時間無料。
西武やアップルロードでも楽しいイベントがあるようです。

駐車場も4時間無料なので、
5/11(土)・5/12(日)は福井駅前に~♪
この機会をお見逃しなく!!



 

3人の作品が会場で素敵に共鳴しています。
お近くにお越しの際には是非、お立ち寄りくださいね。
 
どうぞ、よろしくお願いいたします。


つづける事、つづけてきた事、展
平成25年4月25日(日)~5月12日(日)
10:00~18:00(最終日17:00まで)   
定休日/火曜日
 
入場無料
 
明日5/7(火)は定休日となります。

 
ふくい工芸舎
0776-30-0054
福井市中央1-9-29 
エコライフプラザ2F(旧三上ビル)
            福井駅前・福武線駅前のりば近く

























展示風景 vol.2 「つづける事、つづけてきた事、展」

つづける事、つづけてきた事、展
平成25年4月25日(日)~5月12日(日)
10:00~18:00(最終日17:00まで)   
定休日/火曜日
入場無料
 
 

 

京刺繍、木彫、陶芸それぞれに携わる3人の作家(職人)による
展示会を開催いたします。

3人の共通は作品を作り続けていること、
作品を生み出し形作っていることです。

それぞれの作品をお愉しみいただけます。



■出展
京刺繍:岡本浩次 (あわら市在住)
木 彫:鈴木美央 (鯖江市在住)
陶 芸:青木愛佳 (越前町在住)
・・最近引越しされたとの事

 
 
京刺繍の作品は草木染された絹糸を使っています。
豊富な色と見る額度によって色の見え方も変ってくるから不思議です。
 
木彫の作品は木の風合い、木目、質感が柔らかく繊細です。
女性ならではの細やかな作品は、かわいらしく優しいのです。
 
陶芸(陶器)は土味を感じる素朴でぽってりした愛くるしい器です。
思わず手に取りたくなる器です。
 


本日も簡単に、
展示風景を~vol.2☆







額の作品は京刺繍:岡本浩次さんの作品です。
もちろん手で縫っています。
とっても緻密で綺麗な仕上がりでと
優しい色彩もあいまって絵のようにみえるとの
お声が多い作品です。

本当によーく見ると糸の刺繍されている流れがみえますが
ぱっと見だけだと刺繍だとは気がつかないと思います。

本当に素敵な作品なので実際に見て頂きたい!!









陶器は青木愛佳さんの作品です。
土味を感じる素朴な優しい雰囲気の器です。
作る前はデザインを描いて、どんな形に仕上げようか考えるそうです。
((形をみていてプロダクトな感じもするな~と感じたのは、
   だからなんだ~と一人で納得。。

シンプルでとっても使いやすい形大きさの器。
彼女の雰囲気が出ている器です。







彫刻は鈴木美央さんの作品です。
家業である彫刻のお仕事をご主人とともにされています。
なので、
美央さんの作品作りは家業のお仕事の合間に
こつこつと制作されています。

ご自身の作品作りの時間が楽しいのです、と
はにかみながら話してくださったのが印象的です。


今回の3人の作家さんたちは
ジャンルは違いますが
それぞれのスタイルで真っ直ぐに心身に作品作りに
取り組んでいる方々です。
皆様も是非応援してくださいね♪




3人の作品が会場で素敵に共鳴しています。
お近くにお越しの際には是非、お立ち寄りくださいね。
 
どうぞ、よろしくお願いいたします。


つづける事、つづけてきた事、展
平成25年4月25日(日)~5月12日(日)
10:00~18:00(最終日17:00まで)   
定休日/火曜日
入場無料

ふくい工芸舎
0776-30-0054
福井市中央1-9-29 
エコライフプラザ2F(旧三上ビル)
            福井駅前・福武線駅前のりば近く
 















 

展示風景 ☆ 「つづける事、つづけてきた事、展」

つづける事、つづけてきた事、展
平成25年4月25日(日)~5月12日(日)
10:00~18:00(最終日17:00まで)   
定休日/火曜日
入場無料
 
 

 

京刺繍、木彫、陶芸それぞれに携わる3人の作家(職人)による
展示会を開催いたします。

3人の共通は作品を作り続けていること、
作品を生み出し形作っていることです。

それぞれの作品をお愉しみいただけます。



■出展
京刺繍:岡本浩次 (あわら市在住)
木 彫:鈴木美央 (鯖江市在住)
陶 芸:青木愛佳 (越前町在住) ・
・・最近引越しされたとの事。

 


 
京刺繍の作品は草木染された絹糸を使っています。
豊富な色と見る額度によって色の見え方も変ってくるから不思議です。
 
木彫の作品は木の風合い、木目、質感が柔らかく繊細です。
女性ならではの細やかな作品は、かわいらしく優しいのです。
 
陶芸(陶器)は土味を感じる素朴でぽってりした愛くるしい器です。
思わず手に取りたくなる器です。
 


本日は簡単に、
展示風景を~☆




 
むむっ~このアングルは。
5/2福井新聞に記事を掲載していただきました。
ありがとうございます。
皆様、チェックしてみて!!











GWは通常通り営業しております。
ちょっと肌寒いGW。
風邪にご注意を。



3人の作品が会場で素敵に共鳴しています。
お近くにお越しの際には是非、お立ち寄りくださいね。
 
どうぞ、よろしくお願いいたします。


つづける事、つづけてきた事、展
平成25年4月25日(日)~5月12日(日)
10:00~18:00(最終日17:00まで)   
定休日/火曜日
入場無料

ふくい工芸舎
0776-30-0054
福井市中央1-9-29 
エコライフプラザ2F(旧三上ビル)
            福井駅前・福武線駅前のりば近く



 










 

コラボさせてみました。  「つづける事、つづけてきた事、展」

つづける事、つづけてきた事、展
平成25年4月25日(日)~5月12日(日)
10:00~18:00(最終日17:00まで)   
定休日/火曜日
入場無料
 
 

 

京刺繍、木彫、陶芸それぞれに携わる3人の作家(職人)による
展示会を開催いたします。

3人の共通は作品を作り続けていること、
作品を生み出し形作っていることです。

それぞれの作品をお愉しみいただけます。



■出展
京刺繍:岡本浩次 (あわら市在住)
木 彫:鈴木美央 (鯖江市在住)
陶 芸:青木愛佳 
 (越前町在住) ・・・最近引越しされたとの事。

 
京刺繍の作品は草木染された絹糸を使っています。
豊富な色と見る額度によって色の見え方も変ってくるから不思議です。
 
木彫の作品は木の風合い、木目、質感が柔らかく繊細です。
女性ならではの細やかな作品は、かわいらしく優しいのです。
 
陶芸(陶器)は土味を感じる素朴でぽってりした愛くるしい器です。
思わず手に取りたくなる器です。
 



 

京刺繍:「木蓮」
木彫「福ふくろう 小」

京刺繍の木蓮の枝に木彫のふくろうを
とまらせてみました。





京刺繍:「木蓮」
木彫「はとのペーパーウェイト」


こちらは木彫のはとを。。




京刺繍:「からすうり」
木彫「こぶたのペーパーウェイト」




からすうりの中からこぶたさん登場。。

会場の写真を撮っているときに
ちょっと遊んでみました~。


GW後半に突入ですね、
5/3(金)~5/6(月)の連休は通常通り営業しております。




3人の作品が会場で素敵に共鳴しています。
お近くにお越しの際には是非、お立ち寄りくださいね。
 
どうぞ、よろしくお願いいたします。


つづける事、つづけてきた事、展
平成25年4月25日(日)~5月12日(日)
10:00~18:00(最終日17:00まで)   
定休日/火曜日
入場無料

ふくい工芸舎
0776-30-0054
福井市中央1-9-29 
エコライフプラザ2F(旧三上ビル)
            福井駅前・福武線駅前のりば近く



 

いろいろ合せて使ってみて。  「つづける事、つづけてきた事、展」

つづける事、つづけてきた事、展
平成25年4月25日(日)~5月12日(日)
10:00~18:00(最終日17:00まで)   
定休日/火曜日
入場無料
 
 

 

京刺繍、木彫、陶芸それぞれに携わる3人の作家(職人)による
展示会を開催いたします。

3人の共通は作品を作り続けていること、
作品を生み出し形作っていることです。

それぞれの作品をお愉しみいただけます。



■出展
京刺繍:岡本浩次 (あわら市在住)
木 彫:鈴木美央 (鯖江市在住)
陶 芸:青木愛佳 
 (越前町在住) ・・最近引越しされたとの事。




京刺繍の作品は草木染された絹糸を使っています。
豊富な色と見る額度によって色の見え方も変ってくるから不思議です。
 
木彫の作品は木の風合い、木目、質感が柔らかく繊細です。
女性ならではの細やかな作品は、かわいらしく優しいのです。
 
陶芸(陶器)は土味を感じる素朴でぽってりした愛くるしい器です。
思わず手に取りたくなる器です。
 


器は単独で使って頂いても、もちろん良いのですが
陶器と陶器であわせたり、
陶器と木彫であわせたり、
漆器とガラスの器とあわせたり、
いろいろコーディネイトして使っていただくと
器同士が引き立てあうように思います。



  
   ↓

ころりん、丸い湯呑と
シンプルなトリ皿を合わせて。





お客様様に変身!!






マグカップ:青木愛佳
木のスプーン&豆皿:鈴木美央


木の器と陶器ってとっても相性が◎。
あわせてお使いください~。






■お客様が気になる事①
木の器やスプーンは汚れやすいのではと
使い勝手が悪い印象をお持ちの方も多いのでは?
使っていただくと使いやすく、
口あたりや手に持った感じがとってもよいのです。
一度使うと、手放せなくなるのです。


■お客様が気になる事②
陶器の器で釉薬がマットな感じのモノは
油や濃い汁物がしみこんでしまうのでは・・と、
お声を頂きますが、そんな事はございません。 
        ((※多少沁みこんでいきます。それが器の風合いを増していくのです。

でも、心配・・・という方は、
お料理を盛付ける前に、お湯か水に器を浸してくださいね。
器に水分がしみこんで、油分や汚れが付きにくくなりますよ。





3人の作品が会場で素敵に共鳴しています。
お近くにお越しの際には是非、お立ち寄りくださいね。
 
どうぞ、よろしくお願いいたします。


つづける事、つづけてきた事、展
平成25年4月25日(日)~5月12日(日)
10:00~18:00(最終日17:00まで)   
定休日/火曜日
入場無料

ふくい工芸舎
0776-30-0054
福井市中央1-9-29 
エコライフプラザ2F(旧三上ビル)
            福井駅前・福武線駅前のりば近く