SHOP店舗情報

HISTORY TRAVEL歴史・観光

福井城址

家康が「縄張り」した城

福井城は築城に際して、徳川家康が建物や城門などの配置を決める“縄張り”をしたと伝えられています。北陸の押さえとなる福井を治めるため、最も信頼できる人物として、自身の次男である結城秀康に領地を与え、築城時の“縄張り”も自ら行った家康。それだけ家康が福井の地を重要に考えていたことが伺えます。 秀康は福井に入りすぐに築城に取りかかり、約6年の歳月をかけて城を完成させます。勇壮な天守閣をもつ広大な城郭は、北陸の要に相応しい威容を誇るものでした。 しかし天守閣をはじめ大半の建物は、1669年(寛文9)の大火で焼失。その後、天守閣が再建されることはなく、巽櫓が明治に入るまでその役目を果たしていました。

住所福井市大手3丁目17-1
TEL無し
営業時間無し
定休日無し